まんがで気軽に経済用語

スポンサードリンク

Point

店舗管理
2018年12月23日

POP広告

POP広告_001
POP広告(Point Of Purchase advertising)とはお客様の購買行動を促進するために、商品の近くに設置される広告のことを言います。

例えば、「値下げしました」「半額です」といった価格を強調するような広告、「○○の効能があります」などといった製品の効果を訴求するような広告、CMに出ているタレントさんを使ったイメージ広告などがあります。

このPOP広告は、販売促進するためにメーカー側から提供されることもありますし、販売店の店員さんが自らの商品知識を駆使して手作りする場合もあります。

店員さんの数は限られているため、POP広告を用いてお客様に情報の提供や、販売促進ができる点が優れていると言われています。また、「歳末の大売り出し」といったPOPを用いて店舗の雰囲気を一変させることもできるため、活用されています。

このまんがでは、マイク半額セールのPOPが沢山あったようで、最後のコマで男子生徒がマイクを買ってしまいそうになっています。
  • POP広告はお客様とのコミュニケーションツール
仮に店員さんの数に余裕があったとしても、何でもかんでも店員さんが説明するお店はちょっと嫌だと思います。

お客様としてお店に買い物に来るときには、自分の興味がある情報を知りたいわけで、押し売りされていると感じたら買い物が怖くなりますよね?

そうではなく、POP広告ならば自分が興味をもった商品についてだけ、追加の情報を入手することができるといった特徴があります。

過剰な接客は好ましくないので、さりげないコミュニケーションツールとなるPOP広告の活用でお客様とコミュニケーションを図ることが大切なのです。
  • 大切な観点
さて、そのような重要なPOP広告ですが、つければつけるほど良いというモノではありません。

お店の都合ではなく、実際のお客様の意思決定に役立つように作成しなければならないのです。

例えば、値下げをした際に、商品の陳列棚にひたすら「安売り、○○%OFF」などと張ってしまうと、お客様がどの商品に注目したら良いかわからなくなります。

また、伝えたいことが多過ぎてA4の用紙にびっちりと細かい文字で訴求点を書くといったPOP広告もあまり効果を上げません。これは、自分が消費者になったときのことを考えれば理解できるはずで、小さな文字でびっちりと情報が書かれたPOP広告を読む人はほとんどいないと思います。

こういったPOP広告ではなく、お客様の注目を促し、興味を喚起し、その商品をほしいなと思ってもらえるようなPOP広告を作成することが大切です。

この意味で、本当に買っていただきたい商品に絞って、わかりやすい言葉でPOPを作成することが重要です。

また、誰もが知っていること(例えば、ほうれん草は鉄分が豊富です!)ではなく、その商品を利用・消費することで得られる効果を訴求していく必要もあります。ほうれん草の例では、ほうれん草の旬にほうれん草を使った料理を提案するなど消費者の立場に立って考えると良いPOP広告になるでしょう。

マーケティング
2012年10月15日

GRP | 延べ視聴率と言って広告が延べ何回届いたかを明確にする指標です

GRP_001
GRPとは、広告の接触回数の指標の一つで、テレビなどのCMで一定期間の視聴率を合計したものを言います。Gross Rating Pointを略した言葉で、延べ視聴率とも言います。

このGRPは広告がどれだけ視聴者に到達したかを示す「到達率」と、何回到達したかの頻度を表す「到達頻度」を掛け合わせた値で示されます。

例えば、視聴率10%のテレビ番組に3回広告を出した場合のGRPは

10×3=30GPR

となります。

広告主がプロモーションミックスの一環で、マス媒体の広告では800GRPを実現したいと考えた場合、このGRPという考え方を使って、800GRPを獲得するまで広告を出稿する事となります。

この800GRPを実現させようとした場合、様々な考え方を採る事ができます。例えば、高視聴率の番組に少ない回数だけ広告を出すか、低視聴率の番組でも、多数回広告を出すかを決めるような事です。

そして、今までの説明でお気づきだと思いますが、TV局側が視聴率を高めたがるのもこのような指標があるためなのです。

例えば、上の例のように800GRPという広告の依頼が来た場合を考えてみます。視聴率20%の番組であれば、40回の広告で依頼をクリアーすることができますが、視聴率10%の番組であれば80回の広告放映が必要となってしまいます。

一日に広告を放映する事ができる時間は限られていますし、広告一本当たりの時間も基本的に決まっているので、視聴率が下がるとその分、消化できるGRPの量は少なくなってしまうのです。
  • ターゲットを絞って対応しましょう
このGRPですが、数字だけを追いかけて闇雲に広報をしても効果は出にくくなります。

300GRPを狙う、つまり述べ300%の視聴率を狙っていくと言ったことを考えても、テレビを見ている層の属性は売りたい商品やサービスのターゲットと合っているでしょうか。

逆に言えば、先に自社のターゲットを明確にしておかないと広告の効果が出にくくなりますし、効果測定も難しくなります。

また、テレビ広告となると、少なくとも一つの都道府県単位を狙うこととなるため、商売としても、ある程度の規模感がないと成果を上げるのが難しくなります。

さらに都道府県民を狙うといったターゲッティングでは漠然としすぎているため、実際に広告が届いたのは300GRPかもしれませんが、その中のターゲットは10分の1しかいないかもしれません。

このあたりもシビアに見ながら費用対効果を確認していく必要があるでしょう。

スポンサードリンク
サイト紹介
まんがで気軽に経営用語を学んじゃおう。難しい・なじみのない経営用語でも、まんがなら簡単に親しめます。
まんがで気軽に経営用語について
協力者募集について
弊サイトキャラクターおよびイラスト募集について
TOP絵一覧
索引
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
英字 A B C D E
F G H I J
K L M N O
P Q R S T
U V W X Y
Z
数字 1 2 3 4 5
6 7 8 9 0
おススメのサイト
ライブドアさんから
badge
リンクについて
本サイトはリンクフリーです。リンクいただきましても特にご連絡は不要です。
もしバナーが必要でしたらこちらをご利用いただければ幸いでございます。

header
電子書籍を出してみました
  • ライブドアブログ
project
スマートフォンから経営まんがに
アクセスできます。

◆アンドロイド
マンガで納得 経営知識

◆iPhone
マンガで納得 経営学
マンガで学ぶMBA用語

マルチメディア
◆経営マンガの動画
youtube
ニコニコ動画

◆経営マンガのポッドキャスト
ポッドキャストで気軽に経営用語 ◆経営マンガのツイッター小説
経営マンガのツイッター小説