まんがで気軽に経済用語

スポンサードリンク

G

店舗管理
2013年5月7日

GMS

GMS_001
GMSとは、日用品を中心にした品ぞろえの総合スーパーのことを言います。総合スーパーといった言葉で示されて、日常生活で必要なモノを一か所で購入することができます。英語ではgeneral marchandise storeと表記します。

このGMSはワンストップショッピングを提供することを志向しているのですね。

そして、このGMSもアメリカで発達した小売業態です。(意外かと思いますが、アメリカのGMSは食料品は販売していません。これに対して、日本のGMSは食品も扱っているので日本版GMSなどと呼ばれています。)

ただし、日本版GMSは食品を取り扱っている分、通常のスーパーマーケットとの違いがあいまいになってしまいますよね。

そのため、「食品以外の商品の構成比が50%以上のモノを日本版GMSとする」という基準を設けています。
  • 多店舗展開
GMSは同一資本で多店舗展開を行っています。いわゆる、レギュラーチェーン(RC)ですね。

そして、日本版GMSのイメージとしては、「ダイエー」とか「イトーヨーカ堂」のようなお店です。プライベートブランド(PB)を開発して利益率を高めつつ、そのお店に行けば食品+日常生活に必要な日用品がほとんど揃うという感じですね。

関連用語
ハイパーマーケット
カテゴリーキラー
パワーセンター 
スーパーセンター
キャッシュ&キャリー
ボックスストア
ネイバーフッド・マーケット
 
ハード・ディスカウンター 
アウトレットストア
マーケティング
2012年10月15日

GRP

GRP_001
GRPとは、広告の接触回数の指標の一つで、テレビなどのCMで一定期間の視聴率を合計したものを言います。Gross Rating Pointを略した言葉で、延べ視聴率とも言います。

このGRPは広告がどれだけ視聴者に到達したかを示す「到達率」と、何回到達したかの頻度を表す「到達頻度」を掛け合わせた値で示されます。

例えば、視聴率10%のテレビ番組に3回広告を出した場合のGRPは

10×3=30GPR

となります。

広告主がプロモーションミックスの一環で、マス媒体の広告では800GRPを実現したいと考えた場合、このGRPという考え方を使って、800GRPを獲得するまで広告を出稿する事となります。

この800GRPを実現させようとした場合、様々な考え方を採る事ができます。例えば、高視聴率の番組に少ない回数だけ広告を出すか、低視聴率の番組でも、多数回広告を出すかを決めるような事です。

そして、今までの説明でお気づきだと思いますが、TV局側が視聴率を高めたがるのもこのような指標があるためなのです。

例えば、上の例のように800GRPという広告の依頼が来た場合を考えてみます。視聴率20%の番組であれば、40回の広告で依頼をクリアーすることができますが、視聴率10%の番組であれば80回の広告放映が必要となってしまいます。

一日に広告を放映する事ができる時間は限られていますし、広告一本当たりの時間も基本的に決まっているので、視聴率が下がるとその分、消化できるGRPの量は少なくなってしまうのです。
スポンサードリンク
サイト紹介
まんがで気軽に経営用語を学んじゃおう。難しい・なじみのない経営用語でも、まんがなら簡単に親しめます。
まんがで気軽に経営用語について
協力者募集について
弊サイトキャラクターおよびイラスト募集について
TOP絵一覧
索引
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
英字 A B C D E
F G H I J
K L M N O
P Q R S T
U V W X Y
Z
数字 1 2 3 4 5
6 7 8 9 0
おススメのサイト
ランキング参加中です
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へWCRランキングへ
badge
リンクについて
本サイトはリンクフリーです。リンクいただきましても特にご連絡は不要です。
もしバナーが必要でしたらこちらをご利用いただければ幸いでございます。

header
電子書籍を出してみました
  • ライブドアブログ
project
スマートフォンから経営まんがに
アクセスできます。

◆アンドロイド
マンガで納得 経営知識

◆iPhone
マンガで納得 経営学
マンガで学ぶMBA用語

マルチメディア
◆経営マンガの動画
youtube
ニコニコ動画

◆経営マンガのポッドキャスト
ポッドキャストで気軽に経営用語 ◆経営マンガのツイッター小説
経営マンガのツイッター小説