オークション(競売)方式
オークション(競売)方式とは、M&Aを進める際の方法の一つで、売り手側に対して複数社の買い手が一斉に条件を提示し、最も良い条件の買い手が交渉権を得るといった方式になります。英語ではAuction Systemと表記されます。相対方式のNegotiated Transaction Systemと異なり、こちらはそのままですね。

さて、事業の売却といった取引となるので、こういった取引は、必ずしも、金銭的な条件のみで決まるわけではありません。同じ金額を提示したとしても、買収後の経営の仕方や、買収方法など色々な切り口で差をつけることができそうですよね。

そのため、このオークション(競売)方式を採ったとしても、一概に買収金額が売り手に有利になるとは限りませんが、買収したい側の企業が多数となれば競争が働きますので、比較的良い条件を引き出せると言われています。

関連用語
事業を営むのに必要な情報
姉妹サイトとして開業や創業、事業経営に大切な情報をコンサル目線でまとめてみました。