バックヤード_001
バックヤードとは、お店の売場以外のスペースのことを言います。バックヤードという言葉は裏庭という言葉で文字通り、お客様が入ってこないスペースのことを言います。英語ではbackyardと表記されます。

このバックヤードは文字通り裏庭です。裏庭なのでお客様は入ってきません。そのため、バックヤードには、検品を実施したり、在庫を置いておくスペースを作ったり、店舗の事務所を置いたりとしています。

しかし、上記のような使い方をするので、このスペースが売り上げを上げることはありません。(売上は売り場で上がるのです。)

そのため、このバックヤードでの活動は効率的かつ効果的に行う必要があるのです。

例えば、「お客様が入ってこないんだから、適当に管理すればいいよ。」などと、乱雑にバックヤードをしていたらどうなるでしょうか?

「探していたものが見つからないよ。」とか「余計な在庫が倒れてきて事故が起こりそうだったよ…」といった問題が発生しそうですよね。

このような問題の発生を防ぐために、しっかりと整理整頓を心がけて生産性をアップしていく必要があります。(このような考え方を5Sといいます。)
事業を営むのに必要な情報
姉妹サイトとして開業や創業、事業経営に大切な情報をコンサル目線でまとめてみました。