【第5位】
キャッシュフロー経営_001
キャッシュフロー経営という記事が今月の第5位でした。キャッシュフロー経営とは、キャッシュフローの最大化を目的とした経営手法の事をいいます。

まあ、一言でいえば、現金を重視した経営です。「勘定合って銭足らず」といった言葉があるように、どれだけ利益を出していたとしても、現金が手元になければ黒字倒産といった事になりかねません。

このキャッシュフロー経営とは、「そういった事を防ぐため、キャッシュフローに着目した経営をしましょうよ。」といった発想なのですね。

【第4位】 
テイラー
テイラーの科学的管理法についての用語です。これは、「従来の勘や経験に頼った方法ではなく、科学的に管理しましょう。」といった趣旨の言葉となっています。

さて、従来は勘や経験に頼ってると書きましたが、この用語が生まれたのは20世紀初頭の事です。経営学も歴史ある学問になりつつありますね。

【第3位】 
レイオフ
レイオフについて書いています。レイオフとは、企業が業績悪化などの理由で人員を削減しなければならなくなった際、将来再雇用することを前提として一時的に解雇するといった意味の言葉です

よく、海外のニュースを見ているとレイオフという言葉が使われていますが、実際どんな意味なのかいまいちわかりにくいですよね?

このような記事がランクインしてくるならば、良く聞くけど、イマイチはっきりとわからないといった用語の解説もありかなと感じました。

【第2位】
ac5643a9
QCDという記事です。今月もランクインしてきました。QCDとはQuality(品質)Cost(コスト) Delovery(納期)の頭文字をとったもので、生産の3条件とも言われます。せっかくですのでこの機会に確認してみて下さいね。

この、品質・納期・コストは基本的にトレードオフであるという考え方は重要な考え方です。もちろん技術の進歩や従業員の習熟度の向上で、全体的に良くなっていくことはあると思いますが、短期的にはトレードオフの関係となります。

【第1位】
業態_001
業態について記事が5月の第一位となりました。業態とか、業種って良く聞きますが、どういった区別になるかハッキリと説明できますか?

イマイチ混同しやすい二つの言葉を説明してみました。
 
【感想】 
今月は、一日3記事を目安に書いてみました。毎日一定のペースで記事作成をしようと考えてはいるのですが。結構きついですね。

今月は、小売り関係の用語を集中して書いてみました。普段意識しませんが、改めて解説をするために意識してみると、小売業関係の用語って本当にたくさんあって、それぞれが良く考えられている用語であるように感じます。

ビックリするくらい科学的な世界で、お客様に買ってもらうような色んな仕掛けが張り巡らされています。

読者の皆様が、経営マンガの解説を読んだことによって、小売業のお店を違う視点でみられるようになればうれしいです。
事業を営むのに必要な情報
姉妹サイトとして開業や創業、事業経営に大切な情報をコンサル目線でまとめてみました。