ローカルチェーン_001
ローカルチェーンとは、一つの地域に密着し、集中して出店しているようなチェーンストアのことを言います。ローカルなチェーン店というわけです。 

このローカルチェーンと呼ばれるためには、11店舗以上の店舗を持っていないといけないという割と高いハードルがあります。(逆に言うと、11店舗以上のお店があって初めてチェーンストアであるとされるのです。)

またこのローカルチェーンのローカルとは、田舎とかそういったことを意味してはいません。そのため東京ローカルチェーンや大阪ローカルチェーンと言った、都市圏にあるローカルチェーンというのもありえます。

そのため、自分の生まれ育った地域では当たり前のチェーン店であっても、他の地域に行った時に全く目にしないといってこともありえます。このような場合例えば東京で生まれ育った人であったとしても、そのお店は東京ローカルチェーンだったということです。

もちろんローカルチェーンだからといって何も悪いことはありません。また仮に同じ地域に数百店舗を集中出店したとしても、定義上ローカルチェーンとなります。数百店まで行くと、下手なナショナルチェーンよりも規模が大きくなりますが、これは定義の問題でそのようになります。

■チェーンストアが成長するために

大規模なチェーンストア網を構築しようと考えた場合でも、基本的には最初はローカルチェーンから始まります。

一つの地方、一つの都市へ集中して出店を行っていきノウハウやお店に対する信用、利益を蓄積していくのです。(このように一つの地域に集中して出店するという戦略をドミナント戦略といいます。)

このような展開の中で、物流網の構築や顧客管理の方法、店舗オペレーションの方法などを 洗練させていき、地元で培ったノウハウや信用を武器に、チャンスをつかんで、リージョナルチェーンやナショナルチェーンへと成長していくのです。

■ローカルチェーンって具体的には?

読者の皆様の地元にも、きっと地域で有名なスーパーのチェーン店などがあったりすると思います。このようなお店がローカルチェーンのイメージとなります。

そして、このようなローカルチェーンのお店は、全国展開を行っているようなナショナルチェーンと比較すれば小さい企業です。

しかし、このようなお店は、地域では大きな信用を誇っており、また地域の人たちが好む品ぞろえを実践していたりと、全国展開している大規模なチェーン店がそばに出店してきてとしても、しっかりと対抗することができるのです。

hiyoko
地元の人の好みに合わせた、ここののうどん屋さんと美味しいよね。

onnanoko_bustup
そうねこの地域で15店舗くらいあるみたいよ。でも出張で出かけた時にはほとんど見かけないのよね。。

hiyoko
それをローカルチェーンって言うのよ。

onnanoko_bustup
あらここって結構都会なんだよ。

hiyoko
でも、一個の地方にしかないチェーン店をローカルチェーンというのよ。


なおこのローカルチェーンが成長していき、他の都市圏にも出店するようになるとそのチェーン店はリージョナルチェーンとなります。


解説で出てきた用語・関連用語
事業を営むのに必要な情報
姉妹サイトとして開業や創業、事業経営に大切な情報をコンサル目線でまとめてみました。