業態_001
業態とは、どのような方法で販売活動を行うかという観点で事業を分類した言葉です。

イメージとしては、スーパーマーケットや、コンビニエンスストア、百貨店といった分類になります。

さて、このような分類って扱う商品での分類ではないですよね?(正確には、最寄品を中心に扱うスーパーマーケットに対して、買回品専門品を取り扱っていますが…)

例えば、ナショナルブランドのカップめんは、スーパーマーケットやコンビニエンスストア、ドラッグストア、ホームセンターなどでも同じものを扱っています。

その為、扱っている商品やサービスという業種を切り口とした場合、上にあげた様々な業態は分類することが難しくなってしまうのです。

ただ、スーパーマーケットとコンビニエンスストアは違いますよね?

このような違いを表すために、「どのように売っているか?」という切り口の業態という言葉を使うのです。
事業を営むのに必要な情報
姉妹サイトとして開業や創業、事業経営に大切な情報をコンサル目線でまとめてみました。