RPM_001
RPMとは、1000PVあたりの収益の事を言います。簡単に言うと、1000回Webサイトが表示されたとき平均していくらの収益を得られるかという指標です。

この定義から、RPMを計算するためには、
【RPM=見積もり収益額÷PV(ページビュー)数×1,000】
という計算式で計算を行う事ができます。(この指標の計算式はeCPMとそっくりですよね。)

例えばPVが50回あったとします。その時に、10円の収益があった場合のRPMはいくらでしょうか?

言い換えると、このようなWebサイトで1000PVを獲得できたらいくら収益が得られるでしょうか?

これは式に当てはめて考えてみます。

【RPM=10÷50×1000=200】
となりますので、RPMは200円となります。

さて、このRPM=200円という事からどのような事が分かるでしょうか?RPMは1000PVあたりの収益なので、1000回Webサイトを見てもらえば、平均200円の収益が得られるという事です。

という事は、1000PVを余計に獲得できれば平均して200円の収益が得られる。という意味になります。

逆に言うと、200円よりも少ない金額で1000PVを獲得できるような施策がある場合、積極的に推進すれば高い確度で儲かるという事です。

例えば、RPM=200円のときに、1000PVの獲得コスト=100円という広告が配信できたとします。

という事は、
1000PVの収益(200円)-1000PVの獲得コスト(100円)=儲け(100円)
事業を営むのに必要な情報
姉妹サイトとして開業や創業、事業経営に大切な情報をコンサル目線でまとめてみました。