TOB(株式公開買い付け)_001
TOB(株式公開買い付け)とは、不特定多数の人に「買取価格・買取期間・買取株数」を公告し、証券市場外で株式を買い付ける制度のことを言います。英語ではtake over bidと記述されることからTOBと略されます。

さて、特定の会社の株式を大量に取得したい場合に、通常の取引通り証券市場を通じて行ったらどうなるでしょうか?沢山の買い注文を入れるという事ですから、たちまち株価が高騰してしまい、当初予定していたよりも大きなお金がかかってしまうかもしれません。
 
また、首尾よく株を買い集められなかった場合、購入した半端な株式を処分しなければならなくなります。

しかし、TOB(株式公開買い付け)では、あらかじめ「一株500円で、一か月以内に、百万株購入します」といった情報を公告して買い集めるため、買取価格は「一株500円」というのは途中で動きませんし、期限内に「百万株」集められる見込みがなければTOBを取り消す事もできます。

その為、買収しようとする側には有利な制度なのです。(有利というよりも、有価証券報告書の届け出義務がある会社に対する買収を企てる際は原則としてこの方法を採る事というルールになっています。)
事業を営むのに必要な情報
姉妹サイトとして開業や創業、事業経営に大切な情報をコンサル目線でまとめてみました。