売上割引_001
売上割引とは、売掛金を期日よりも早く支払ってもらった際に、支払ってもらうべき金額を割り引くことを言います。この売上割引は利息扱いです。

さて、さらりと書きましたが、「この売上割引は利息扱いです」という一文にはとても深い意味が込められています。

それは、この取り扱いによって、売上割引は損益計算書上の営業外費用になるという事です。
  • どうして利息なの?
掛売上では通常あまり意識しませんが、売掛金というのは支払いを待っているという事になります。例えば、お菓子100円を翌月末払いの掛けで販売した時は、翌月末までお金の支払いを待っているという事になります。

それでは、支払いを猶予する際に、通常受け取るものはなんでしょうか?100円を1か月間貸した時に受け取るモノと言い換えてもいいです。これは、利息ですよね?

という事は、上の例では100円のうち、いくらかは支払いを待つことによって受け取る利息であると考えることができるのです。
  • 取り扱いは?
それでは、上の例で翌月末ではなく、当月中に売掛金が支払われたとします。この時、「売掛金を早く支払ってくれるなら99円でいい」としたとします。

この1円は別に売上額の割引ではないですよね?売上は当初の100円になりますよね。その為、このような場合の割引は売上割引として金融費用(利息)扱いにしているのです。

関連用語
売上割戻
売上値引 
事業を営むのに必要な情報
姉妹サイトとして開業や創業、事業経営に大切な情報をコンサル目線でまとめてみました。