デットファイナンス_001
デット・ファイナンスとは、いわゆる普通の借り入れのイメージです。英語表記ではDebt Financeとなります。

デット(Debt)とは負債の事ですので、負債で資金調達する→借金のイメージで捉えていただければと思います。

このデット・ファイナンスの具体例は、社債の発行や銀行からの借り入れなどになります。そして、このような資金調達の方法を行うと、下の図のように貸借対照表上の負債の部が増えるのです。 
デットファイナンス
この、負債を利用した資金調達は一般的な方法です。しかし、負債に頼りすぎると企業の安全性が脅かされる場合があります。(参照:安全性分析

但し、上手く負債を利用すれば、資本コスト(株主資本コスト)よりも安いコストで資金を調達できますし、レバレッジ効果も期待できるといった風にメリットも大きいのです。

まあ、何事もバランスが肝心というわけですね。
事業を営むのに必要な情報
姉妹サイトとして開業や創業、事業経営に大切な情報をコンサル目線でまとめてみました。