【第5位】
プレスリリース_001
プレスリリースとは、新製品やサービスの情報を報道機関に対して発表する事を言います。英語ではpress releaseと表記されます。

パブリシティを行ってもらう事を狙いとして、報道機関に対して目新しい出来事を発表するといったイメージの用語です。

但し、記事として取り上げるかどうか、どのような記事にするかは報道機関の自由に委ねられますので、取り上げられない可能性や、むしろ批判的な記事にされる危険性もあります。

【第4位】 
役職定年制度_001

役職定年制度について書いています。この役職定年制度とは一定の年齢に達した時点で、就いている役職から外れるという制度です。

役職を定年する、つまり、年齢を理由として強制的に役職を解かれるといったイメージの言葉です。

うまく運用すれば、若手に権限を委譲することができるので良い制度ですが、役職を解かれ高年齢層の従業員のモチベーションを保つことが難しいと言われています。

【第3位】 
オープン戦略_001
オープン戦略について書いています。このオープン戦略とは、他社に自社技術を公開し、他社と協力しながら自社製品や互換性のある他社製品を事実上の標準(デファクトスタンダード)とすることを狙う戦略の事を言います。

難しく書いていますが、発想しては「皆で一つの規格について考えを出し合って行けばよいものができるし、皆が使えば標準にしやすいよね。」といった考え方です。


【第2位】
ステルスマーケティング_001
ステルスマーケティングについて書いています。ステルスマーケティングとは、第三者を装った者が、消費者に気づかれないように宣伝を行う事を言います。気づかれないように行動する「ステルス」と宣伝行為である「マーケティング」を組み合わせた言葉です。

いわゆるステマというやつですね。この記事の前後に、パブリシティペイドパブリシティについて書いており、似たような考え方の整理を試みています。

【第1位】
終身雇用_001
終身雇用について書いています。終身雇用とは、新卒採用で入社した人が、定年になるまでずっと雇用され続けるような慣行の事を言います。かつて、日本式経営の三種の神器の一つとして数えられていた考え方です。

今では、この終身雇用は古き良き時代の用語になってしまった感じがしますが、かつては日本企業の強さの源泉の一つであると考えられていました。

【感想】 
今月は1位の終身雇用がスマッシュヒットを記録し、「まんがで気軽に経営用語」始まって以来のアクセス数を獲得しました。また、「ステルスマーケティング」についてもそれなりのヒットを記録していました。やはりヒットする記事が出てくると嬉しくなりますね。

検索エンジン経由では、圧倒的一位だったPI値がその座をOC曲線に譲り渡し、OC曲線PI値最終仕入原価法がトップ3を形成するようになりました。この中でも、最終仕入原価法がトップ3に入っている事には少しビックリしています。

また、経営動画として、youtubeニコニコ動画に投稿してみたり、経営マンガマラソンと称して42記事を週末にに一気に投稿するなどの新しい事を試みてみました。

どうすれば、もっと便利で面白いブログになるのかを模索しながら頑張っていきたいと思っています。今月も、集中して記事を作成していきますのでよろしくお願いいたします。 
事業を営むのに必要な情報
姉妹サイトとして開業や創業、事業経営に大切な情報をコンサル目線でまとめてみました。