集中仕入れ_001
集中仕入れとは小売業において、本部側が一括して仕入れ業務を行う事を言います。本部が集中して仕入れ業務を行うといったイメージから「集中」仕入と言います。

この集中仕入れは、小売店の各店が仕入れるのではなく大量に本部が仕入れるため仕入価格の引き下げや、仕入れ業務の一括管理によって仕入れ業務にかかるコストの低下が見込めます。

その反面、店舗ごとの細かい消費者のニーズへの対応は遅れがちとなるといった欠点もあります。

このまんがでも、集中仕入れの利点として、仕入れコストの削減(仕入の手間が減らせるという事はコストが下がるという事です)を挙げています。

しかし、集中仕入れのデメリットとして、現場のニーズにしっかり対応することができていません。このまんがでは使わない部品を渡されるといったデメリットが出ています。

キャンペーン記事:経営マンガマラソン
事業を営むのに必要な情報
姉妹サイトとして開業や創業、事業経営に大切な情報をコンサル目線でまとめてみました。