フリンジベネフィット_001
フリンジベネフィットとは、従業員に対して賃金以外に支払う様々な給付のことを言います。このフリンジベネフィットは従業員のモラール(士気)の向上を目的としていると言われています。英語ではfringe benefitと表記します。

このフリンジベネフィットは、有給休暇や、社宅サービス、家族手当、各種社会保険まで含んだ概念なので、福利厚生費よりも広い考え方です。(社会保険にかかる費用は福利厚生費ではなく、法定福利費になります。)

日本はかつて先進国の中でもフリンジベネフィットが手厚いと言われていました。これは表面上は同じ賃金水準であっても、様々な手当や福利厚生が期待できたため実質的には沢山の賃金をもらっているのと同じことであったためです。

(安い金額で社宅には入れれば、一般の家賃水準との差額分だけお金をもらっているのと同じことになりますよね?)

しかし現在では、労働組合の組織率の低下や企業が儲からなくなってきた事から、フリンジベネフィットが手厚いといった話は過去のものとなりつつあります。

キャンペーン記事:経営マンガマラソン   
事業を営むのに必要な情報
姉妹サイトとして開業や創業、事業経営に大切な情報をコンサル目線でまとめてみました。