コンバージョンレート_001
コンバージョンレートとは、Webサイトの投資効果を示す指標の一つで、そのサイトを訪問した人のうちどれくらいの割合の人が会員登録や商品の購入を行ったかを示す指標です。(Conversion rate)CVRとも表記されます。

Webサイトはただ単に運営されているわけでなく、一定の目的があって運営されています。その目的は、例えば会員の獲得であったり商品の購入であったりします。

このコンバージョンレートは訪問してくれたお客さんがどれだけ目的に沿った行動をしてくれたかの割合であるという事ができます。

このコンバージョンレートは【コンバージョン数(目的となる行動をしてくれた数)÷アクセス数(PV)×100%】もしくは、【コンバージョン数÷ユニークユーザ数×100%】で算出します。

例えば10,000人がサイトに訪問して200人がそのサイトの目的となる行動をしてくれた場合のコンバージョンレートは以下のように計算できます。

200÷10,000×100=2%
となります。
 
もっとも、このコンバージョンレートは一律に○%以上あればいいという判断基準があるわけでないので注意が必要です。

というのは、そのWebサイトの目的が10円の飴を販売するというものであれば、コンバージョンレートは1%では低いかもしれません。(100人訪問して1人が飴を幾つか購入したという意味です。)

しかし、一生涯にわたって顧客になるような生命保険や、車や高級腕時計などを販売しているWebサイトでコンバージョンレートが1%だったら相当高いかもしれません。(100人お客を連れてくれば1人が車を買ってくれる状態ですね)

キャンペーン記事:経営マンガマラソン
事業を営むのに必要な情報
姉妹サイトとして開業や創業、事業経営に大切な情報をコンサル目線でまとめてみました。