委託販売_001
委託販売とは、商品の所有権は自分が持ったまま、販売だけを小売店などに委託することを言います。委託を受けた小売店など(受託者)は商品を保有するリスクから逃れることができ、販売できた場合に、手数料を受け取ることができます。

この場合、小売店などの委託を受けた人(受託者)には値段を決める権限がありません。委託販売の場合、委託販売の場合は所有権は委託した人が持っているためです。

このことを詳しく見るために通常の販売活動と比較してみたいと思います。通常の商品販売の場合、小売店が商品を販売しようとする場合には、小売店がその商品を買い取って(所有権を手に入れて)販売します。

そのため、価格は原則として小売店が自由に設定する事となります。(希望小売価格が設定されていてもそれはあくまで作り手の希望する価格にとどまります。)

また、在庫を保有するリスクを引き受けることから、委託販売の手数料に比べて高い粗利率となります。

このように、受託側は、在庫保有のリスクを避けられます。しかしその代わりに、通常の粗利率と比較して低い販売手数料で我慢する必要があります。

また、委託側は、販売を委託することができるため、販路が拡大し、価格の管理を徹底することができます。しかしその代わりに、在庫を保有するリスクを引き受けなければならないのです。

キャンペーン記事:経営マンガマラソン
事業を営むのに必要な情報
姉妹サイトとして開業や創業、事業経営に大切な情報をコンサル目線でまとめてみました。