居ぬき店舗_001
居ぬき店舗とは、店舗内の内装や様々な設備を残したまま賃貸や譲渡される店舗のことを言います。

この居ぬき店舗を用いるメリットは、イチからお店を作るのに比べて安く・早くお店を営業することができるという事です。

例えば、あなたがお店を開こうと考えていたとします。

その時、以前お店として使っていた物件を設備や内装をそのままで貸してくれると言う申し出があったとします。

この場合、居ぬき店舗となるため、イチからお店の設備を整えたり内装を工事したりするよりも初期費用が安く済むと考えられます。

しかし、居ぬき店舗の場合は前のお店のイメージが比較的強く残るため、前のお店の評判が悪かった場合には、通常よりも頑張る必要が出てきてしまいます。

例えば、美味しくないラーメン屋さんがつぶれた後、その跡地に違うお店が開店したとします。

この時に、全く新しい店構えのお店が開店したとしたら、前の美味しくないお店のイメージはあまり残らないと思います。

しかし、前のお店とほとんど一緒の店構えのお店だったらどうでしょうか?なんとなく前の美味しくないお店のイメージが残ってしまいませんか?

このように、居ぬき物件の場合は前のお店のイメージが残る場合があるのです。

また、このまんがのようにお店に個性を求める人にはあまり向いていないかもしれません。というのも、居ぬき店舗を利用するという事は、前の設備や内装を残して安く上げようという発想です。そのため、イチからお店を作り上げるといった事にはあまり向いていないのです。
事業を営むのに必要な情報
姉妹サイトとして開業や創業、事業経営に大切な情報をコンサル目線でまとめてみました。