【第5位】
規模の不経済_001
規模の不経済について書いています。規模の不経済とは、規模が大きくなったことによってかえって効率が悪くなる事をいます。規模の経済の逆の現象が起こることがあるのです。

大きすぎる組織では、組織内の調整のためにかえって効率が悪くなるというのはなんとなく想像できると思います。

【第4位】 
ロスリーダー_001
ロスリーダーについて書いています。このロスリーダーとは、安売りの目玉商品といったイメージの商品です。

小売店のチラシを見ていると、目玉商品として普段は絶対にしないような安い価格で販売されている商品があります。そのような商品をロスリーダーと言います。

この記事では、どのような商品をロスリーダにするとよいのかも書いています。

【第3位】 
費用収益対応の原則_001
費用収益対応の原則について書いた記事です。収益とそれを得るために使用した費用は同じ期間に計上するという原則です。

少し難しいですが、会計を勉強するとこの考え方はいたるところで出てくる考え方になっています。

【第2位】
不当廉売_001
不当廉売について書いています。不当廉売とは、不当に安い価格で商品を販売する事を言います。

業者が不当に安売りしたとしても、「消費者にとっては安く手に入る訳なので、むしろいいことでは?」と思われるかもしれません。

しかし、この不当廉売が横行すると消費者の利益も損なう事となってしまいます。

【第1位】
繰延資産_001
繰延資産について書いています。繰延資産とは、既に支払ったけれども効果が将来にわたって現れるような費用を、経過的に資産として計上するものです。

今月は、3位の費用収益対応の原則や1位の繰延資産といったように、会計関係の用語が上位にランクインしていました。

【感想】 
今月は1位のところでも書いたように会計関係の用語がランクインしていました。さらにランク外でしたが、最終仕入原価法について書いた記事に対して検索エンジン経由でのアクセスが多くあり、会計系の用語が強かった月でした。

今月も、集中して記事を作成していきますのでよろしくお願いいたします。 
事業を営むのに必要な情報
姉妹サイトとして開業や創業、事業経営に大切な情報をコンサル目線でまとめてみました。