プライスメーカー_001
プライスメーカーとは、自ら価格設定を行える市場参加者のことを言います。独占市場や寡占市場のような不完全市場の市場で売り手側として参加している参加者がこのプライスメーカーの代表例です。

例えば、市場を独占した企業ですね。このような企業になれば、理屈の上では自己の利益を最大化するような価格を一方的に決めることができます。(通常は、そのようなふるまいを防ぐような法律が整備されていたり、道義的な問題が発生するので、あまり露骨なマネはできませんが。)

このように、自らの都合である程度価格設定が行えるという立場は、勝手に決まってしまった価格を所与のものとして営業活動を行わなければならない、プライステイカーに比べて非常に有利な立場であるという事ができます。

このまんがでは、影響力が圧倒的に強いため、プライスメーカー的に振る舞えると言っています。市場内で大きな市場シェアを握っている、顧客ロイヤルティが非常に強い、差別化戦略が上手くいっているなどの要因によって、影響力を強めることに成功したと考えられます。
事業を営むのに必要な情報
姉妹サイトとして開業や創業、事業経営に大切な情報をコンサル目線でまとめてみました。