オープン価格_001
オープン価格とは、メーカー側が販売する商品の希望小売価格を定めないことを言います。

このオープン価格を採用する場合、メーカ側は出荷価格のみを決定します。そして、小売店がいくらで販売するかは小売店側に任せるといったわけです。

このオープン価格は消費者にとっては、二重価格を避けて(希望小売価格で販売した実績がないのに、そこから○割引きと言われても…という事ですね。)わかりやすくなるというメリットがあるらしいです。(もっとも、そのお店が安いか高いかの判断をしにくくなるという面はありますが)

メーカ側としては、希望小売価格10万円の製品を5万円で販売されると、安売りされているとのイメージが付きやすいので、ブランドイメージを損なう恐れがあります。しかし、オープン価格ならば、もともとの希望小売価格が存在しないため、安売りされているというイメージが付きにくいという事がメリットです。

このまんがでは希望小売価格を付けても、結局安売りされてしまうため、そもそもそのような価格は付けずにオープン価格で販売しようとしています。

その結果、安売りのイメージがつかなかったようで、ある程度の価格を維持できているようです。

このオープン価格は、どうせ安くされちゃうんだから、そもそも希望小売価格を付けないという発想もあると思います。 

関連用語
建値制 
事業を営むのに必要な情報
姉妹サイトとして開業や創業、事業経営に大切な情報をコンサル目線でまとめてみました。