DBMS_001
DBMS(database management system)とはデータベース管理システムの事で、データベースの管理や構築が行えるシステムの事を言います。

このDBMSは通常、ミドルウエアとして提供されており、データベースの機能を各アプリケーションが使用したい場合は、このDBMSを経由してデータの更新、挿入、削除を行います。

このような方式を採ることによって、各アプリケーションが独自にデータを持たずに一元管理することができますし、各アプリケーション側にデータの管理機能を持たせる必要もなくなるといった利点があります。

この、DBMSはさらにアクセス権限のコントロールやデータベースの管理、データベースの定義、データベース内のデータに矛盾が生じないようにするトランザクション処理などの機能も備えています。

日本語でいうところの、縁の下の力持ち的な役割を果たしています。

なお、現在ではDBMSのうち、RDB(リレーショナルデータベース)と呼ばれるDBが主流になっています。これは簡単に言うと、表で管理するといったイメージとなります。

このまんがでは、音声での問い合わせに対して「ダルマ君」が回答をしています。おそらく、音声を認識して、その内容を元に、データベースに対して問い合わせを行い、回答をさらに音声化して出力するといった仕組みなのでしょう。

このうちの、データの問い合わせ関係は全てDBMS側で行ってくれます。そして、このデータは通常の販売管理のデータと共有で使えると言っています。

このように、データベースが特定のアプリケーションから独立していることにより、データを複数のアプリケーションで活用することができるというのも特徴の一つですね。 
事業を営むのに必要な情報
姉妹サイトとして開業や創業、事業経営に大切な情報をコンサル目線でまとめてみました。