プライスリーダー_001
プライスリーダーとは、業界全体の価格設定に影響を与えることができる業界リーダーのことを言います。簡単に言うと、価格支配力を持った企業という事です。

プライスリーダー以外の競合他社はプライスリーダーの定めた価格を基礎として、自社の価格を設定する事となります。

例えばプライスリーダーが値下げした場合、ほかの競合他社はその値下げに追随せざる負えなくなってしまいます。逆に、プライスリーダー以外の競合他社が値段を下げたとしても、プライスリーダーは追随する必要はありません。

もっというと、業界のリーダーはあえて価格競争を行わないという選択肢もあり得ます。(リーダーの戦略定石

このようにプライスリーダーは業界全体の価格設定に主導権を持てる立場であるということができます。

このような立場はとても有利であるという事ができます。例えば、あなたの会社が業界の中でプライスリーダーでなかったとします。その時、プライスリーダーがさらなる市場シェア拡大を目指して衝撃的な水準の値下げを断行したとしたら、その値下げに追従しないわけにはいかなくなります。

また、プライスリーダーは通常、その市場内で最大の企業ですので、規模が大きいことによる低コスト(規模の経済)や累積生産数が多いことによる低コスト(経験曲線の効果)を享受しています。

簡単に言うと安く物を作れるんですね。そして、そのような企業が価格設定の主導権を持って、価格を維持している場合、2位以下の競合他社は何とかしないとジリ貧になってしまいます。

このまんがでは2コマ目ではリーダーの言う事に、その他の人たちは追従せざるおえない事を示しており、3コマ目では逆にその他の人たちの行動にリーダーは付き合う必要がない事を示しています。

まあ、通常はこのまんがのように振る舞ったら感じ悪いですよね。

参考記事
プライスリーダーに対抗するためのに:競争地位の4類型
事業を営むのに必要な情報
姉妹サイトとして開業や創業、事業経営に大切な情報をコンサル目線でまとめてみました。