3C分析_001
3C分析とは事業を分析して戦略に生かすための情報を入手するフレームワークです。3C分析では事業の全体像を顧客・市場(Customer)、競合(Competitor)、自社(Company)の3つに分けて分析していきます。分析の対象となるものは英語で表記すると3つとも頭文字がCなので3C分析と言います。

漠然と「分析してください」と言われても手掛かりがなさ過ぎて困ってしまうと思いますが、4PやSWOT分析、アンゾフの成長ベクトルのような考え方を利用すればグッと考えやすくなりますし、説得力も出ますよ。

また、3Cと言えばかつて言われていた耐久消費財三種の神器を思い出す方もいらっしゃると思いますが、こちらはクーラー、カラーテレビ、カーです。

さて、話を3C分析に戻して一つ一つの切り口を見ていこうと思います。
  • 顧客・市場の分析
製品やサービスを、購買してくれるであろう潜在顧客を把握します。買ってくれる顧客を把握していなければ何も始まりませんので大切な切り口です。

この顧客の分析では、顧客が本当は何を欲しがっているかまで突き詰めて考えることが大切です。有名なたとえ話ですが、顧客は「ドリル」が欲しいのではなく、「穴」が欲しいという話があります。

このように顧客の真のニーズをとらえ損ねて自らの使命を狭く設定しすぎるマーケティングマイオピア(近視眼的マーケティング)に陥らないように注意する必要があります。
  • 競合の分析
競合や競争相手について把握し、分析します。競合他社が提供している製品やサービスを把握し、競合他社の強みや弱み(持っている経営資源など)を分析していく必要があります。

また、現在の競争相手だけでなく、潜在的な競争相手についても把握していくとなおよいです。
  • 自社の分析
「敵を知り己を知れば百戦危うからず」と言うように敵の事(競合)だけでなく自ら(自社)の事も知っていなければなりません。

自社の持っている経営資源はなんなのでしょうか?その強みは、弱みは?自社は分析した市場で支持されるのか?特定した競合に勝つことができるのか?

このように、この3つのCを分析した結果から自社の成功要因(KSF)を特定していきます。

このまんがでは孫子の言葉を勉強していたようです。その言葉から3C分析の要素である、顧客、競合、自社に対して思いをはせています。

しかし、授業をうわのそらで聞いいたようで先生に怒られてしまいました。

こちらもご参考に
経営戦略の実務的な構築方法 
事業を営むのに必要な情報
姉妹サイトとして開業や創業、事業経営に大切な情報をコンサル目線でまとめてみました。