集団凝集性_001
集団凝集性とはある集団がその集団を構成する人々をひきつけて、その集団の仲間にとどまり続けようとする力の度合いのことを言います。

言い換えれば、魅力ある集団の一員になったとしたら、その集団の一員のままでいたいと思うような力の度合いです。

例えば次の2つのチームがあったとします。

一つ目のチームは少人数のチームです。そのチームは、みんなが非常に優秀でお互いに尊敬しあうような環境です。そしてそのチームは過去、非常に大きな成功を成し遂げたことがあります。また、そのチームに参加するためには厳しい選別を経る必要があります。

二つ目のチームは非常に大規模なチームです。このチームは週に一度だけ全員が集まって会議を行いますがお互いの顔と名前が一致しないような状況です。さらに、発足したばかりでありだれでも参加できるような状況です。

現在あなたは、一つ目のチームと二つ目のチームどちらにも参加しているとします。今回どちらか一つのチームに専念する必要が出てきました。あなたはどちらのチームに専念したいでしょうか?

一般的に言って一つ目のチームに専念したいと感じると思います。

このまんがでは3コマ目の男子生徒は、今考えると現在の部活に入ってよかったと感じています。そして、このように入ってよかったと感じていればその集団にとどまり続けようとする動機が生まれるはずです。

この動機の強さを集団凝集性と言います。
事業を営むのに必要な情報
姉妹サイトとして開業や創業、事業経営に大切な情報をコンサル目線でまとめてみました。