まんがで気軽に経済用語

スポンサードリンク

2011年08月

組織論
2011年8月30日

心理的偏向

心理的偏向_001

このまんがのように上長が部下を評価するような場合、本人は公平に評価しようとしても以下のような心理的な偏向が生じます。

1.中央化傾向
みんなの評価が似たり寄ったりになってしまう傾向です。とても良い、とても悪いという極端な評価を避け、みんななんとなく良い、なんとなく悪いといった評価をしてしまいます。

2.寛大化傾向
みんなの評価を甘くしがちになるといった傾向です。このまんがのパートリーダは一年生の評価を甘くつけています。

3.ハロー効果
ハローとは後光といった意味です。これは何か特定の項目でとても良い、もしくはとても悪い何かを持っているとその印象に引きずられて他の要素も評価されるという傾向です。例えばこのまんがのように、リズム感がとてもいい部下はそのほかの楽器演奏能力も高いとみなされるようなケースです。

4.論理的誤差
論理的に関係のあると考えられる項目に類似の評価をしてしまう傾向です。

5.近接誤差
短い時間にたくさんの人を評価したり、評価シート上の配列が近い場合に近い評価をしてしまうような傾向です。

6.対比誤差
評価を行う人と評価される人が対照的な特性を持っている場合に、過大評価もしくは過小評価してしまう傾向です。例えば、神経質な評価者が、おおらかな部下に正しく評価することができずに、過大評価してしまうようなことが考えられます。

7.期末効果
ある期間の評価をするにもかかわらず、評価時点近くの印象で判断されてしまうという傾向です。たとえば、評価の前月までは成果を上げていた人が、評価月に急に態度が悪くなった場合その人のその期間の評価が低くなるといったことがあります。

このような心理的な傾向があることを知ったうえで評価を行う事は、人事考課などに役立てることが可能です。
組織論
2011年8月23日

ファヨールの管理過程論

ファヨールの管理過程論_001
ファヨールの管理過程論とはファヨール(Fayol)が20世紀初頭にその著書「産業ならびに一般の管理」で提唱した管理論です。このファヨール氏は自らの会社経営の経験を、元に著書にまとめたといわれています。

その本の中で、ファヨール氏は企業の経営活動を次の6つに分類しています。すなわち

1.技術活動(生産、製造)
2.商業活動(購買、販売)
3.財務活動(資本の調達、運用)
4.保全活動(設備の保全、従業員の保護)
5.会計活動(財務会計)
6.管理活動(予測、組織、統制)

の6つです。

この中で特に6番目の管理活動を重視しています。

この管理活動は次の要素で成り立っているといわれています。

1.予測
2.組織
3.命令
4.調整
5.統制
そしてこれらの5つの要素から構成される総合的な活動であるとしています。

さらに管理の一般原則として14項目の管理の原理を示しています。

例えば、専門化の原則権限・責任一致の原則統制範囲の原則などがあげられます。

このまんがでは、全体的な観点から管理を見直そうとしていると言っています。
組織論
2011年8月15日

テイラーの科学的管理法

テイラーの科学的管理法_001
テイラーの科学的管理法とは、テイラー(Taylor)が20世紀初頭に提唱した管理論です。その当時アメリカの産業界は、
能率の低下や組織的怠業などの様々な問題に直面していました。

原因としては、経験や習慣勘に頼り、その時々の状況によって、成行で管理する「成行管理」が行われていたためといわれています。

この状況を打破すべく、テイラー(Taylor)はその経験から以下の方法論を考え出しました。以下ご案内します。

1.課業管理
 一日の仕事量を第一線の労働者ならば達成可能であるような水準に設定し、仕事量の標準として課業します。
この標準の算出方法は決して勘や経験に頼るのではなく、動作研究、時間研究を行い科学的に求めます。

2.差別出来高給
 課業を達成できたら、高い賃金を支給し、課業を達成できなかったら低い賃金とします。単純な出来高給ではない方法です。

3.職能別職長制
 機能性を追求し機能別に管理者を設置した。
 
このテイラーの科学的管理法には以下のような批判がなされています。

1.労働者を命令を受けて作業するだけの機械のようなものとみなしている。

2.作業の管理という視点は持っているが、企業全体の管理という視点が欠けている。

このまんがでは、パートリーダーがかなり高い目標を設定し、うまくその目標を達成した女子生徒には賞賛が与えられますが、達成できなかった方の男子生徒は叱責されています。
課業管理と差別出来高給を表現しています。
組織論
2011年8月7日

組織文化

組織文化_001
組織文化とは組織のメンバーが共有する価値観、世界観、行動規範の事を言います。いわゆる社風に近いものです。

組織が提供する経営理念により価値観が形成され、ともに仕事や行動することに世界観が共有されていき、暗黙的なルールが共有され行動規範が似通ってきます。

そして、このように組織文化が形成されると次のような機能と逆機能が生じるといわれています。

1.組織文化の機能(プラス面)
 ①対内的機能(組織内へむけての機能)
 ・同じ価値観を共有する事により、コミュニケーションを容易にする
 ・組織文化が学ばなければならないことを暗黙に指示するため、学習を促進する
 ・組織文化が行動を調整することで意思決定を早くする
 ②対外的機能(組織外にむけての機能)
 ・企業のイメージと評判を外部に向けて発信することが可能となる

2.組織文化の逆機能(マイナス面)
 ・組織の構成員の思考様式が均質化され、変化への対応が困難になる
 ・組織文化の維持そのものが組織の目的となってしまう
 
このまんがでは、パーカッションパートの面々は体育会系の組織文化を持っているため、集合がかかるとしっかりと行動するけど、ホルンパートの面々は自由人の集まりであるため、集合がグダグダになっています。

ただし、環境に適合しない組織文化を持つと発展のためにはならなくなる可能性もあります。そのため、組織文化の変更を促すことが必要となることがあります。しかしこれは現在の組織文化で成し遂げた成功の度合いが大きいほど困難となります。
経営
2011年8月3日

競争地位別戦略

競争地位別戦略_001
本日は先日ご紹介しました、競争地位の4類型それぞれの戦略定石をご説明します。

1.リーダーの戦略定石
細かくは、先日リーダーの戦略定石の記事でご説明しましたが、一言でいうと、基本的なオーソドックスな戦略を採るというところです。

2.チャレンジャーの戦略
チャレンジャーはリーダーにはできない非オーソドックスな戦略で差別化を目指します。対リーダー、創造的、革新的がキーワードとなります。

3.フォロワーの戦略
フォロワーはリーダーやチャレンジャーの戦略を模倣します。模倣戦略、低コスト、臨機応変がキーワードとなります。

4.ニッチャーの戦略
ニッチャーは自らの市場を競争者と違うところに定義し、その市場にニッチを築くことを目指します。市場細分化、特定市場でのミニリーダー戦略、特定ニーズがキーワードとなります。
経営
2011年8月1日

リーダーの戦略定石

リーダーの戦略定石_001
リーダーの戦略定石とは、先日解説した競争地位の4類型のうちリーダーのとるべき戦略定石の事です。以下具体的に解説しますが、基本は「需要拡大・最大の市場シェアを非価格競争で目指す」といったところになります。

以下まんがのコマに対応して解説します。

1.同質化戦略
競争相手が差別化戦略で挑んできた時に、リーダーも同質の戦略を採用して競争相手の差別化を無効化させます。同じ戦略で戦えば規模の大きいほうが強いという単純な理屈を利用しています。
メガネ君はチャレンジャーの地位にある人と同じポーズをとっています。チャレンジャーとあえてキャラをかぶせています。部活内で力のあるメガネ君とキャラがかぶるとチャレンジャーは厳しい戦いを強いられます。

2.最適市場シェア維持
市場シェアの拡大のみを狙うのではなく、最大の投資収益率が得られる市場シェアを確保・維持するということです。市場シェアのみを最大化する為には、例えば僻地にも販売員を配置する、マイナーな雑誌などにも広告を出すなど際限なく費用をかけていく必要があります。
メガネ君は大きくなりすぎずに効率重視といっています。

3.周辺需要拡大
リーダーは既存市場内での最大シェアを確保しているため最大の経営資源を保持していると考えられます。そのため、市場自体の規模が大きくなれば、売上は増加すると考えられます。
そしてこの市場自体の拡大は、①リーダーが独自に成し遂げる、②業界で協調して市場拡大を成し遂げるといった方法があります。
まんがではみんなが協力して影響力を増やそうとしています。

4.非価格競争戦略
リーダーは価格競争をしないということが重要です。リーダー自ら価格競争に打って出ると、市場全体が価格競争の嵐に巻き込まれてしまい、その市場では適正な利潤を得ることが困難になってしまいます。
まんがではメガネ君は時間の安売りはしないといって早く帰ろうとしています。
スポンサードリンク
サイト紹介
まんがで気軽に経営用語を学んじゃおう。難しい・なじみのない経営用語でも、まんがなら簡単に親しめます。
まんがで気軽に経営用語について
協力者募集について
弊サイトキャラクターおよびイラスト募集について
TOP絵一覧
索引
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
英字 A B C D E
F G H I J
K L M N O
P Q R S T
U V W X Y
Z
数字 1 2 3 4 5
6 7 8 9 0
おススメのサイト
ランキング参加中です
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へWCRランキングへ
badge
リンクについて
本サイトはリンクフリーです。リンクいただきましても特にご連絡は不要です。
もしバナーが必要でしたらこちらをご利用いただければ幸いでございます。

header
電子書籍を出してみました
  • ライブドアブログ
project
スマートフォンから経営まんがに
アクセスできます。

◆アンドロイド
マンガで納得 経営知識

◆iPhone
マンガで納得 経営学
マンガで学ぶMBA用語

マルチメディア
◆経営マンガの動画
youtube
ニコニコ動画

◆経営マンガのポッドキャスト
ポッドキャストで気軽に経営用語 ◆経営マンガのツイッター小説
経営マンガのツイッター小説