まんがで気軽に経済用語

「経営どうが」プロジェクト始動です。経営マンガに解説動画を付けていこうと考えています。
経営動画ちゃんねる
ご意見を頂戴できれば幸いです。
カテゴリー別 用語一覧     キャンペーン     人気記事ランキング     資格ガイダンス
財務・会計
2015年10月28日

所要運転資金 | 普通に経営するためには運転資金としてお金が必要になります

所要運転資金
所要運転資金とは経常運転資金とも呼ばれ、企業が通常の営業活動を行っていくにあたって必要とされる資金の事を言います。

ここで、必要とされる資金といった通り、儲かるとか儲からないといった利益概念とは全く関係のなく、会社を存続させるための純粋な資金繰りの問題として把握する必要がある考え方です。

(これが不足するといわゆる資金ショートを起こしてしまいます。)

一般的に商品を仕入れて、販売し、それを回収して入金するまでには時間がかかります。また、かといって仕入れてスグにお金を払うわけでもありません。(こういった考え方を回収サイト支払サイトなどと表すこともあります。)

このように、通常に営業していてもお金の入金と支払いにはズレが出てきます。そして、そのズレを埋めるためにいくらお金が必要かを所要運転資金という概念で説明するのです。

■いくら必要なの?

と、通常に営業活動を行うにあたって資金が必要であると言いましたが、具体的にはいくら必要なのでしょうか?

一般的には入金と支払のズレを明らかにするため、以下の計算式を用います。

【所要運転資金=売上債権+棚卸資産-仕入債務】

それではこの式を使って、具体的に見ていきましょう。

例えば、毎月平均的に100万円の売上を上げる企業があるとします。この企業は原価率50%で商品を仕入れており、仕入先には仕入の1カ月後に支払い、販売後2か月後に現金を回収します。

また、在庫として、月商の一か月分を常に保持しているとします。

その場合、必要な各要素は以下のように計算できます。

売上債権=100万円×2か月=200万円
(販売後、お金の回収に2か月かかります)

棚卸資産=100万円
(1カ月分の在庫を持つため)

仕入債務=50万円×1カ月
(1か月後に原価率50%で仕入れた商品の代金を支払います)

所要運転資金=売上債権+棚卸資産-仕入債務

なので

所要運転資金=200万円+100万円-50万円=250万円

となります。

言い換えると、このようなサイクルを回すためには、250万円のお金を準備しておかないといけませんよといった考え方になります。


 
財務・会計
2015年10月26日

売価還元法 | 「この売上原価って怪しくない?」簿記を勉強すると必ず遭遇するモヤモヤ感です

売価還元法
売価還元法とは、取扱品目の非常に多い小売業等でよく使われれる棚卸資産(要するに在庫の事ですね)の評価方法の一つで、売値ベースで把握した在庫金額から原価ベースの期末の棚卸資産有高を求めるための方法です。

売上原価を計算しようと考えた場合、期中にどの商品がどれだけ売れたか、売れた商品はいくらの単価で仕入れたものであったかを、先入先出法や、後入先出法、移動平均法などの方法を用いて把握していく必要があります。

「今回売れた商品は、100円で仕入れた商品が3ケと同じ商品だけど101円で仕入れた商品が2ケだった…」などと記録をしていく必要があるのです。

しかし、ちょっと近所のスーパーを思い浮かべて欲しいのですが、小売業などでは非常にたくさんの商品を取り扱っていますよね?

これらの商品を一つ一つ上にあげたような方法で管理していたら非常に手間がかかり、大変なことになります。

そのため、期中に単価を考慮せずに済ますといった売価還元法といった方法が用いられています。

■棚卸をするだけ

(その棚卸がきわめて大変なのですが)定期的にて商品がどれだけ残っているかをチェックする棚卸を行い、その情報と商品毎の売価(値札がついていますからこちらは簡単に把握できます)を掛け合わせて一定のグループごとに売価ベースの商品有り高を算出します。(惣菜とか日配、グロサリー等のグループごとに把握します)

その後、グループごとに算出したその期の原価率を乗じて、原価ベースの在庫有高を求めます。

原価率=(前期末評価額(原価ベース)+当期仕入高)÷(投機売上高+期末在庫高(売価ベース))

まず、原価率を求めそのあと、求めた原価率を用いて期末評価額(原価ベース)を求めます。

期末在庫高(売価ベース)=棚卸数量×売価

期末評価額(原価ベース)=期末在庫高(売価ベース)×原価率

といった計算で算出することができます。

そして、この計算を実施すると、期末評価額が判るのでいわゆる『シイレクリショウクリショウシイレ』といったオマジナイを唱えて売上原価を計算するのです。

(借方)仕入(貸方)繰越商品
(借方)繰越商品(貸方)仕入
※この仕訳を決算整理仕訳として実施することによって仕入勘定に売上原価が計算できます。

計算式にするとこんな感じです。

売上原価=期首在庫+当期仕入高-期末在庫

■この考え方怪しくないですか?

さて、このような売価化還元法ですが、なんだかモヤモヤしませんか?そのようなモヤモヤ感を感じた方は正解です。というのは、この売価還元法は完全に正確ではありません。

だって、どう考えても完全に正しい値にはなりえませんよね?

でも、会計上はこれでよいとされています。企業会計原則真実性の原則で言われるところの真実は相対的真実といった考え方となります。

もっというと、先入先出法を採用していたからといて、先に仕入れたものから売れていくわけではないですし(陳列棚の後ろからワザワザ商品を取るような人、いますよね?)もっと乱暴な最終仕入原価法(最後に仕入れた仕入れ単価を採用する)などといった方式も認められています。

そのため。ここに深入りしても学者先生以外は得をしないので、スルーしておくことを推奨します。

時事ニュース解説
2015年10月22日

携帯電話と生命保険の共通点?それはドコモショップで売っている事ですといわれる未来がきます

女の子_3
スマホやガラケーの事で必要があって携帯電話会社のお店に行ってすごく待たされるといった事があると思います。どうも、契約後のユーザサポートへ割いている経営資源が不足しているのだと思われてなりません。

2015年3月期で4,000億円もの利益を(経常利益ベースでは6,300億円ほど)たたき出している企業ですから、もう少し顧客サービスに経営資源を割いて、待ち時間を短くするキャンペーンなどをやってくれるとか、をしてくれればうれしいです。(たぶん無理ですが)

さて、そのようなNTTドコモですが、今度は生命保険を取り扱うといった報道がなされています。報道では
NTTドコモ<9437.T>は21日、ドコモショップで生命保険販売の代理店業務を開始すると発表した。5─6社の保険商品を取り扱う予定。来年の夏に数十店舗で販売を始め、順次拡大していく。2015年10月21日 ロイター
とされており、生命保険の代理店業務を、ドコモのお店で開始するとのことです。

■待ち時間はどうなる

さて、このような異業種への事業展開は一般的にはシナジーを狙う事が目的であるとされています。この場合、ドコモの店舗網はすでに存在しているため、そこで生命保険を販売すれば、その店舗網を販売網として活用することができます。

そのため、新規参入組が改めて販売網を構築するよりも格段に安く事業行うことができます。

もっとも、このようなシナジーは経営資源を遊ばせておくよりも他分野で活用したほうがといった考えから狙われることが多く、前述のとおり、限界に近い稼働率のドコモショップでそのような効果があるかどうかはちょっと疑問です。

(コスト低減効果以外のシナジーが本当に存在するのかは意見が分かれますが、筆者はシナジーといわれている効果の本質はコスト低減がもたらしていると考えています。すなわち、新規顧客獲得費用の低減、新店舗網構築費用の低減などです。)

そして、このようにかんがえると、現行の体制のまま単純に生命保険の販売を開始した場合、待ち時間は今まで以上に増えてしまい、本業のサービスを損なう可能性すら出てきます。(こういったシナジーの反対をアナジーと呼びます。)

■本当に親和性が高いのか

さて、本業のサービス水準が犠牲になってしまうと、このような業務提携はマイナスになるように懸念しておりますが、携帯電話事業と生命保険が本当に親和性が高いのかについても少し疑問です。

生命保険は生涯で二番目に高い買い物(一番は住宅)であるといわれるように、非常に慎重に購入の意思決定を行う必要がある商品です。

そのような商品を非常に混雑している携帯電話のショップで契約することがあり得るのか。

筆者の印象では、携帯の大手企業は既存顧客を大事にせず、お得なのか損なのかがよくわからない料金プランをおすすめするような企業のお店で基本的に一生おつきあいするような保険商品を購入したくはないと感じます。

損害保険なら、困ったことがあれば(マンションで水漏れが起こったとか、自動車で電柱に激突したとかですね)携帯電話ですぐに連絡できるサービスとかわかるのですが、生命保険会社との連携についてはちょっと顧客にとってのメリットが想定できないです。

「誰が得するんだよ」といった事がわからないサービスとならないとよいですね。
 
財務・会計
2015年10月21日

少額減価償却資産 | 少額なら全額その年の経費にしても良いよといった制度です

少額減価償却資産
少額減価償却資産とは、一年未満しか使えない資産や、単価が10万円未満の資産を指す言葉です。

なお、中小企業については上の10万円未満という要件が平成28年3月31日までに取得した資産については、30万円未満に引き上げられています。【平成27年4月1日現在】
 
さて、このような特例を設けるくらいですから、通常の固定資産との違いがあるはずです。

通常の固定資産の場合、減価償却といった手続きを経て、徐々にしか費用化することができません。

例えば、25万円の営業用の機械を購入したとしても、税務上それが5年使えると税法上で判断されているような場合、年間(12か月)で5万円しか損金(税務上の費用)にできません。

そのため、「えっ、利益を圧縮するために年度末に駆け込みで機械をかったけど、4,167円(250,000×0.2(償却率)÷12×1(ひと月分))しか損金にできないの?」といった事が起こり得るのです。

しかしながら、少額減価償却資産として扱われるような資産は購入した年度に『全額』損金とすることができます。

つまり、上の例では、25万円を全額損金にできるのです。

■この特例は制限なくできるの?

さて、このような特例を活用できれば、「じゃあ数千万単位の利益が出そうになったら、30万円未満の資産を沢山買えば利益を圧縮できそうですね。」と思う方もいると思います。

しかし、このような特例を際限なく認めていたら税収の確保が難しくなってしまいますので一定の歯止めがかかっています。

そのため、この特例を用いることができるのは、年間300万円を上限とするといったルールがあります。

どういう事かというと、26万円の固定資産ならば11ケまでならば286万円なので、全額購入した年の損金にできますが、12ケ購入すると累計額が312万円となり300万円を超えてしまいうといったルールです。

なお、通常の少額減価償却資産(一年未満しか使えない資産や、単価が10万円未満の資産)の場合、このような制限はありませんので、9万円の機械はいくら購入してもその年の損金とすることができます。

関連用語
一括償却資産

 
財務・会計
2015年10月20日

一括償却資産 | 固定資産を買ったらなかなか費用として落とせない?金額によっては3年で費用にできる制度があります

一括償却資産
一括償却資産とは、減価償却資産のうち、取得価額が10万円以上、20万円未満のモノについて、一括して3年間で均等償却を行えるとする例外規定の事を指します。

さらに青色申告を行っている中小企業においては、30万円未満、年間300万円未満まで認められるといった例外規定の例外も儲けられています。

■損金と会計上の費用

さて、税法上で認められる損金(税務上の費用)と会計上の費用は異なります。会計上は、収益の獲得に役だっていると考えられる期間で費用配分を行う事が合理的であると考えられています。

例えば、15万円である機械を購入したとして、その機械が10年間にわたって収益の獲得に貢献するのならば10年間かけて減価償却を行ったり、その機械が本年度の収益獲得にのみ役立つのならば、1年で減価償却をするといった感じです。

しかし、そのようなことを許していると「今年は利益が沢山出て税金を払わないとならないから、この機械はずっと使うけど、今年の費用にして利益を圧縮しよう」などといった事を行う人が出てきてしまい、税収の確保に支障をきたしてしまいます。

そのため、税法上は、「○○という種類のモノは5年、○△なら8年で償却しなさい。これ以下の期間で償却しても損金として(税法上費用として)認めません」とやっています。

そして、会計上の償却年数と税法上の償却年数がバラバラだとめんどくさいので実務上は、税法上の償却年数に合わせて運用されています。

また、3年未満の償却年数が設定されているような償却資産はそれほど多くないため(つまり、全額損金にするためには3年以上かかるケースが多い)、このような例外規定が設定されていると、通常よりも早く損金にできる(つまり税法上の費用にできる)といったメリットがあります。

また通常の固定資産は月割りでしか損金にできないため、決算月に購入した資産は1か月分か損金にできません。しかし、この一括償却資産は決算月に購入したとしても1年分を損金とできるといったメリットもあります。

■とはいえ

とはいえ中小企業の実務上はあまり出てこない考え方となります。というのは、青色申告者で中小企業者は、30万円未満の固定資産の場合(一括償却資産と同要件です)、少額減価償却資産として全額をその資産を使い始めた年に損金にすることができるのです。

そのため、利益を圧縮して税金額を少なくしたいと考える事業者については、ほぼこちらの少額償却資産の方を用います。

関連用語
減価償却
 
ストーリー
2015年10月19日

ABC分析!?売れ筋と死に筋を明確にすることは大切ですが、お店の商品にとってはうれしくないようです

neko_negane
ふむふむ。なるどほねぇ。

neko_negane
商売は奥が深いね…

tanuki_2
ココは、町はずれのファンシーショップ。80年代の香りが今なお残るちょっと時代に取り残されたお店です。

tanuki_2
ファンシーショップという業態。結構昔の業態かなぁと思いきや、最近でも割とあるみたいです。

tanuki_2
とはいえ、このお店は、新しい感じではなく、それなりに年季の入ったお店になります。

neko_negane
とすると、このお店は…

neko_negane
オーナーさんに言ってあげようかな。

hiyoko
あら、今日はなんだかむつかしそうな本を読んでいるね。

neko_negane
商売のABCって本なんですけど、とっても参考になるよ。

hiyoko
そんな本、どこで見つけてきたの?

neko_negane
ちょっとオーナーさんの書斎に遊びに行ったときに、見つけたんだよ。

hiyoko
ああ、あの足を踏み入れたら二度と戻ってこれないというオーナーさんの書斎に行ってしまったのね…

neko_negane
ちょっと、怖いことを言わないでよ。まあ、なんともないから、そんな脅かし怖くないけどねっ。

hiyoko
…みんな最初はそんな風に言うのよ。そんな風に言っていた『ひよこ2号』もいつの間にかいなくなっちゃったし…

neko_akire
『ひよこ2号』さんは岐阜の縫製工場にいた時の同僚じゃなかったっけ…

hiyoko
ごめん、『ひよこ3号』の間違いだったわ…

neko_akire
まあ、なんでもいいや。で、この本なんだけどすごく参考になるんだよ。

kuma
へーどう参考になるんだい?

neko
商売はね、基本が大切なんだよ!

neko
陳列する場所も大切だし(ゴールデンゾーンとかそんなお話だね)、整理整頓も大切だよね。

neko
あとは、一回来てくれたお客さんを大切にして常連さんにするのも大切だし。これはライフタイムバリューって考え方。

kuma
そうなんだ、そんなに大切なことが多いんだね。

neko
でも、その中で一番大切なことはね…

neko
ABC分析をして管理をする事なんだって書いてあるよ。

kuma
ABC分析!?

hiyoko
それはだめよ!

kitsune_odoroki
ABC分析ダメ、絶対!

panda
そんな事オーナーさんに言ったりしたら許さないからね!

tanuki
なんだか急に騒がしくなってきました。

tanuki
どうしてこんなに騒がしくなったかは、次回に…

kitsune_odoroki
勝手に終わらせないで。この話ははっきりさせておかないといけないから。

tanuki
じゃあもう少し続きます。

kitsune
ふう、えっと、どこから説明をしようかなぁ

kitsune
えっと、ABC分析ってどんなことかわかる?

neko
えっと、売れ筋が(ごにゃごにゃ)

kitsune
(あんまりちゃんと本を読んでいないんだな…)じゃあ、キミは全部の商品を同じぐらい心を込めて管理する必要があると思う?

neko
それはあると思うよ。

kuma
あると思うよね。

panda
当然あるよね。

neko
商品には作った人の魂が

kuma
宿っているのです。

panda
宿っているのです。

neko
その魂をうまく引き出すのがこのお店の役割

kuma
ららららー

tanuki_2
みんなは、社歌を歌いだしました

kitsune
ストップ!ご近所さんに聞かれちゃうから。今日はお店が休みなのに、騒がしかったら変でしょ。

tanuki_2
しーん

kitsune
よろしい。では、話を戻すけど、ABC分析はそうじゃないという考え方なんだよ。

kitsune
商品には売れ筋と、全然売れない死に筋があって、それらを把握して売り上げを伸ばそうという発想がABC分析なんだよ。

kuma
ふーん、いい考えじゃない。

panda
そうだね。いい考えだね。

hiyoko
そうね。いい考えだね。

kitsune_odoroki
あれ、みんなさっきは反対していたよね…

kuma
なんか、ABC分析といった言葉を聞いたら拒否反応が出たんだけど

panda
説明を聞いたらいい考えに思えてきたんだよ。

hiyoko
そうね、別に拒否反応を持つ必要はなさそうね。

kitsune
お店にとってはそうだよね。

kitsune
でも、僕たちお店で売られている商品にとっては…

kitsune
本当に恐ろしい分析手法なんだよ。

neko
何が恐ろしいのかわからないよ…

kuma
そうだよ。売れ筋と死に筋を把握するなんていいことじゃない。

neko_akire
あっ!ひょっとして…

neko_akire
もし死に筋として位置付けられたら…

kitsune
気が付いたかい?

kitsune
そう、死に筋がふさいでる場所は売れ筋商品に明け渡す必要が出てくるんだよ。

kitsune
そして、死に筋商品は処分価格で売られるの。

hiyoko
それってあの、素人が勝手な値段をつけて、免許もなく売るあの、フリーマーケット?

neko_akire
フリーマーケットじゃないにしても、何らかの形で処分されちゃうんだよね…

tanuki_2

hiyoko
おっと!あー本にお醤油こぼしちゃったー

kuma
たいへんだー拭かないと(びりっ)

panda
あーやぶれちゃったなぁ。これはもうだめだから捨てないと。

neko
ちょうど、たき火をしているから燃やしちゃおおうーっと

kitsune_odoroki
すごいチームワークだね…

tanuki
オーナーさんは、たまに書斎から本がなくなるといっていたのですが、こういったことがなされているのですね。

tanuki
あ、今日はオーナーさんは出てきません。どうやら、お店をお休みにして、丸の内に遊びにいっているようです。

tanuki
とはいえ、ABC分析を実施し、売れ筋と死に筋を明確にするんはとても大切な業務です。

tanuki
お店を営む方は、一度販売量を調査し、売れているものから順番に並べて、売れ筋と死に筋を明らかにするとよいと思われます。

記事一覧はこちらです↓

ストーリーで解説経営用語

時事ニュース解説
2015年10月17日

PCの基本的なスキル?教わった記憶はありませんがPCが使えない若者がいるのなら社会全体で教える必要があります

pc
パソコン。PC。仕事を行っていくには必須の道具となっています。「手書きで書類を作ってください」とか言われてしまうと、その書類作り以外ほとんど何もできずに一日が終わってしまうかもしれません。

と、このような重要な道具であるパソコン、PCですが、若い方にとってはスマホの方がなじみ深く、パソコンの操作にあまり習熟していない方が増えてきたようです。報道では

若い世代でパソコンを使えない人が増え、話題になっている。IT企業ですら新入社員が使えず困っているケースも。スマートフォン(スマホ)の普及や、親・学校のパソコンへの理解不足、経済的に苦しい家庭が増えていることなどが原因と考えられ、就労のためにも技術習得の必要性が高まっている。
中略
内閣府が今年2月に発表した「青少年のインターネット利用環境実態調査」によると、スマホを利用している高校生は89%に上る一方、ノートパソコンは30%、デスクトップパソコンは16%に過ぎない。2015年10月17日毎日新聞

とされています。報道の通りであるのならば、若い世代ではパソコンを使っている人達の方が少数派になってしまっているような状況が浮き彫りになっています。

という事は、パソコンについては覚えるような努力をしないといけない

■どうやってパソコンを覚えたのか

仕事でパソコンを普通に使っている世代はどうやってパソコンを覚えたのでしょうか?

パソコンという新技術を利用して生産性を上げるとの組織の意思の下、おそらく現在50代よりも上の世代の方は、パソコンを覚えるために様々な研修や教育訓練の場が提供されていたはずです。

また、20代後半から40代については、パソコンの利用率が上がってきた世代で、使っていく中で自分で覚えていった世代であると考えられます。

ある程度パソコンが普及してきた世代なので、企業でパソコンの基本的な使い方から教えていたとは考えにくいですし、逆に学校教育でもパソコンの使い方といった教育訓練は提供されていませんでした。(高校での情報教育は2003年から開始)

とはいえ、それで何とかなってきたのは、パソコンの普及期に該当しており、その普及を推進していた世代であると考えられるからです。(つまりパソコンを使えるようになりたいというニーズがあった時代なのです。)

パソコンの普及率
平成7年16.3%
平成10年32.6%
平成13年58.0%
平成16年77.5%
平成19年85.0%
『通信利用動向調査(世帯編)』総務省より筆者抜粋

このように、平成19年では85%もの普及率を達成しています。もちろん、買っただけで使わない人もいるかもしれませんが、その時代に若い世代だった人は率先してパソコンに取り組んだはずです。

このように20代後半から40代の人達は、教育訓練の谷間の世代であったにもかかわらず、パソコンを使える人が多いのは、普及していく時代の流れに乗っていたからであると考えられます。

■パソコンの操作を今後の世代が自然に覚える事はないと考えられる

と、今の若い人たちは逆にスマホは使いこなしています。普及していく時代の流れに乗ると、特別な教育訓練が施されなくとも、ある程度は自然に利用可能となると考えられます。しかし、すでに普及してしまっている技術についてはやはり教育訓練の場を設ける必要があると考えられます。

パソコンが普及していく時代の流れでは、友人とメールをしたり、HPを作ったり、インターネット上の掲示板で交流したりといった行為にある程度の必要性がありました。そのため、パソコンに親しみ、自然と習熟していったと考えられます。

一方、今の若い人たちはスマホで自分たちの必要とする事が完結していると考えられます。そのため、パソコンを利用する必然性は無いのです。

そして、必然性のないモノを決して安くはないお金を支払って購入し、利用していく中で習熟する事はあまり期待できないのです。

■スマホもこういった運命をたどる

例えば将来、スマホと異なる情報デバイスが普及していたとすると、その時代の若い人たちはスマホについてはあまりうまく扱えないはずです。そのため仕事でスマホが必要ならばやはり教育訓練を実施する必要が出てくるのです。

このように、利用する必然性のない道具について習熟していないことを嘆いていても何も始まりません。すでに普及した技術を覚えて欲しいのなら、やはり教育訓練を実施しないとならないのです。

■誰が教えるのか

さて、教育訓練をするとしても誰がその教育訓練を実施するべきでしょうか?企業で働く前に中学や高校といった教育機関で教えるべきでしょうか?

それとも、あくまで『仕事』のためのスキルだから企業が人材育成すべきでしょうか?

これについては、やはり基本的な内容は学校といった教育機関で教えるべきだと考えられます。というのは、読み書きや基本的な計算ができる人材を社会に輩出することは社会全体の生産性を高める事に役立っているように、基本的なパソコンの操作方法についても同様に学ばせることが社会全体の生産性を高めると考えられるからです。(つまり社会全体で考えた場合には、費用対効果が良い投資なのです。)

また、学校教育で教えるという事で

経済的な事情でパソコンに触れることができない→パソコンを用いる仕事に就くことができない→経済的な事情で…

といった負の連鎖を、社会として許容しないといった覚悟が必要なのです。

とはいえ、業務で必要な内容。WordやExcelの細かい操作の仕方とかについては企業が人材育成すべき領域であるように考えられます。

企業によって、どのソフトウエアを使うかどうかは分かりませんし、企業文化によっては使う機能も異なるので、学校で全部教えるのは非効率だからです。

■技術革新に期待しつつ

さて、おそらく、このまま技術革新が進んでいけば、スマホのような使用感で今のPCを用いた仕事以上の事ができるようになる日が来るとは思います。

もしくは、特定のデバイスを意識しなくても仕事ができる未来が来るかもしれません。しかし、そのような事を期待して何もしないのは、社会全体として誤りであると考えられます。

社会全体としては、パソコンが使えないといった事で機会を失う事が無いようにしつつ、個別企業では、新人さんがパソコンをある程度つかえていたという、世代は特別であり、今後はそのようなことは期待できない。

新人さんに、企業の仕事の仕方を教える研修期間には、Excelとかその他特定のソフトウエアの使い方も教えるのが当たり前であるとの認識を広げていく必要があると考えられます。

と、パソコンを自然に覚えた世代の経営マンガの中の人が記事を書いてみました、
 
財務・会計
2015年10月17日

固定資産の除却 | 使っていたモノを使わなくするといった意味合いです

固定資産の除却
固定資産の除却とは、対象となる固定資産を利用しなくする際に用いる言葉です。イメージとしては、車両や機械などの固定資産を倉庫にしまっておくような感じになります。

そして、固定資産を利用しないわけですから、帳簿上では、通常に利用している固定資産と同じようには扱わなくするといった事に注意が必要です。

■車両を除却してみます

例えば、100万円で購入した車両を除却する場合を考えてみます。この場合、別に車両を廃棄や売却するわけではないので、車両自体はなくなりません。

そのため、車両自体に価値が残っていればその分は会計上資産として計上しておかなければおかしくなってしまいますよね。

しかし、使っていないわけですから、通常の固定資産と同じ管理をするのも不適当です。そのため、車両という固定資産を貯蔵品といった勘定科目に振替るといった事が行われます。

上の例で、減価償却累計額が80万円(80万円分を既に減価償却しているという意味です。)、処分価値を10万円(もし売却すれば10万円の価値がある)とすると以下のような仕訳を行う必要が生じます。

(借方)減価償却累計額 800,000円 (貸方) 固定資産 1,000,000円
(借方)貯蔵品100,000円
(借方)固定資産除却損100,000円

■除却にするか、廃棄か、売却か

さて、同じ固定資産を使わなくすると言っても、倉庫にしまっておく除却や捨ててしまう廃棄、いくらかの金額で売却するといった方法があります。

このようにどういった風に扱うかによって少しずつ処理が異なりますので、「あの固定資産、使わなくしたから」といった報告をする際には、具体的にどうしたかまで報告していく必要があります。 

経営
2015年10月16日

サードパーティ | 第三者を指す言葉で、ある製品の周辺機器等を開発するメーカさんとかが該当します

サードパーティ
サードパーティとは、第三者を指す言葉です。とはいえ法律用語といったニュアンスではなく、IT技術用語として使われるケースが多くなります。

例えば、PCのOSを販売している会社があり、それを購入する人がいるとします。こういった人たちを当事者と捉え、それに対して、自社のソフトウエアや製品を第三者的に供給する人をサードパーティと呼ぶのです。この使い方では、当事者に対しての第三者的な意味でサードパーティと呼ばれるのですね。

その意味で、別に数を数えているわけではないので、基本的にはファーストパーティやセカンドパーティなどといった人たちは出てきません。

(ごくまれに製品の供給者をファーストパーティ、顧客をセカンドパーティと呼ぶ場合もあります。)

また、フォースパーティもフィフスパーティも一般的な用語としては出てこないのです。(企業名として絶対ないとは言いませんが、一般的な経営用語的にはそのような言葉はあまり用いられません)

■当事者でない人たち

さて、ある製品やサービスの供給者と顧客が当事者であると捉えた場合に、その当事者以外をサードパーティーと呼びます。

そのため、IT業界以外でも、物流関係ではサードパーティロジスティクスなどといった用語も生まれています。

こちらの言葉は、物流業務に強みを持っている企業に、自社の物流を任せ、自社は自社の強みに集中するといった経営の方向を指す言葉です。3PLなどとも略されますが、基本的には、サードパーティを第三者といったニュアンスで使っている感じになります。

このように、サードパーティというとなんだか難しそうな言葉ですが、当事者以外をサードパーティと言うと覚えておけば大丈夫です。
 
組織論
2015年10月15日

フォーマル組織 | このような言葉はほとんど使いませんが、インフォーマル組織を説明するときには使います

フォーマル組織
フォーマル組織とは、インフォーマル組織の反義語で、公式に定められた組織のことを指す言葉です。公式に定められている組織ですから、組織の目的を達成するために意図的に構築された組織であるという事ができます。

指揮命令系統が明確となるよう、組織内での職位によって上下関係を明確化し、誰がどのような権限を持っているかを公式に定めるような組織形態となっています。

と難しそうに言っていますが、通常の組織図で定めれらるような組織が該当します。例えば、社長の下に各部署を統括する部長が存在し、その下に課長、係長がいるようなイメージです。 

とはいえ、このような言葉は普段は用いません。というのは、組織を運営していく中である意味当たりまえの事であるからです。

そのため、この言葉は組織内に自然発生的に生じたインフォーマル組織を説明する際に、対比を強調するために使われたりします。

ちなみに、インフォーマル組織のインとは否定を表す言葉になります。そのため、フォーマル組織を公式な組織とするのならば、インフォーマル組織が非公式な組織となるのです。

(インは日本語の『非』とか『不』に該当する言葉でポッシブルが可能と訳されるのに対し、インポッシブルが不可能とされます。)

なお、マンガに出てきた直接部門とは直接的に売り上げを上げるような営業部や販売部といった部署、間接部門とは直接的には売上を上げない総務部や経理部といった部署のことを指す言葉です。
行政書士_概要
2015年10月14日

働きながら苦労して行政書士試験に合格した筆者が見つけた、行政法を攻略して一気に合格する方法

女の子_3
こんにちは。まんがで気軽に経営用語の中の人です。行政書士試験の攻略法について書いていますが、第三回目として、行政法の攻略法について考えていきたいと思います。

『行政』書士ですので、行政法の学習が非常に重要になる事は言うまでもありません。というか、300満点中112点もの配点がなされているので行政法が行政書士試験の主戦場となります。そのような試験対策上きわめて重要な内容なので、行政法に絞って説明をしようかなと考えております。

第三回目は『働きながら苦労して行政書士試験に合格した筆者が見つけた、行政法を攻略して一気に合格する方法』といった記事になります。

■行政法はなじみが薄い法律です

さて、民法や商法・会社法、憲法ならばある程度日常生活で触れることもあるかと思います。しかし、行政法になると、公務員さんや、行政機関とかかわりがある方でないと、あまりこのような法律に触れる機会はないハズです。

しかし、中学生のころに習った公民の教科でも多少はこの分野について学んでいるはずですし、運転免許を持っている人も多いと思います。(運転免許を持っている人は、自分に当てはめて考えられるので、ちょっとだけ行政法の分野の勉強がしやすくなります。)

そのため、なじみが薄いとか、重箱の隅をつつくような細かいお話が多いとかで拒絶反応を起こしがちな行政法ですが、全く手がかりがないわけではないのです。

■衝撃的なお話をします

と、なじみが薄くても手掛かりがないわけではないとお話しましたが、もっと衝撃的な話があります。というのは、(ビックリして椅子から転げ落ちないようにしてくださいね)

行政法などという名前の法律は存在しないのです!

「じゃあ勉強のやりようがないじゃん」みたいな心の声が聞こえたような気がしましたが、無視してお話を進めます。

この行政法とは、『法』と付いていますが、そのような法律があるのではなく、行政に関わる法律の分野だと思ってください。民法などと並列に並んでいるのに、分類のレベル感が違くてモヤモヤしますが、そのような分類にケチをつけても合格に一歩たりとも近づきませんので無視して学習を勧めていく必要があります。

■具体的には

と、このままでは六法を買ってきて法律の条文を見ながら勉強をしたいと考えていても、それがかないませんので、法律名を明記していきたいと思います。

行政法分野は
  • 行政手続法
  • 行政不服審査法
  • 行政事件訴訟法
  • 国家賠償法
  • 地方自治法
などといった法律を総称するものとなっています。そのため、行政法を学ぶ際には、こういった法律の条文を手許に用意しておくと色々はかどります。

■言葉になれよう

さて、具体的な学習方法について考えていきます。まず筆者が行政法に取り掛かった際、一番戸惑った事は、「行政法という法律がない事」ではなく、「言葉の意味が分からないこと」でした。

なじみのない言葉遣いに、なじみのない様々な概念。必要以上(と思われるほど)物事を細かく分ける考え方。アレルギーを起こすには十分すぎるほどのハードルがこの行政法の学習には存在しています。

端的に言うと、本格的な学習に入れるようになるまでで、かなりのハードルがあるのです。しかし、ここは我慢して一個一個の概念を頭にしみこませていく必要があります。辛抱強く学習していれば、いろいろな概念がつながる時が来ますのでそこまでの我慢です。

と、いきなりの精神論で恐縮ですが、この部分は精神論で突破してもらわないといけない領域となっています。というのは、学習をこの先進めていくにしても、色々な内容が、この行政法特有の概念を使っての説明されるので、言葉が分からないと極めて非効率になるからです。

(もちろん専門用語を使わずにテキストを書くこともできるとは思いますが、そのようなテキストでは、専門用語なら一言で説明できるような内容を繰り返し多量の文書で言い換えるため、極めて分厚くなりますし、試験対策上、専門用語が分からないままでは問われていることが判らない可能性も生じますので、役に立たないテキストになってしまいます。)

■言葉へのなれ方

と、精神論だけではどうにもなりませんので、言葉へのなれ方をアドバイスします。これは、回数を繰り返す事です。

よく、英単語の学習等で、少ないページを一回目から完璧にしようとして、ひたすら書いて覚えるとか、何度も何度も音読するといった事をする人がいます。

しかし、記憶への定着といった考え方では、このような学習方法は非効率ですし、精神力をかなり消耗するような学習方法となっています。

そうではなくて、「一回ではどうせ覚えられないよ」ぐらいの軽い気持ちでテキストを流し読みしてみてください。その後も時間を見つけては軽く流し読みをするくらいの感じでやっていくとだんだん拒否反応が消えてきます。

(はじめて学ぶ分野はいきなりテキストを読んでも頭に入らないけど、独学の場合、学習方法としてテキストを読むしかないので独学だと効率はかなり悪くなります。)

ハッキリ言います。言葉になれさえすれば高得点を確保できるのがこの行政法の分野です。言葉の定義を厳密に問うてくるような問題も多いです。そのため、言葉にさえなれることができれば高得点を確保できる分野であるという事ができます。

とすると、この分野については、いかに繰り返し学習をして言葉に慣れるかがカギを握っています。繰り返しテキストを読む。幸運にも音源や画像を入手できればそれを繰り返し視聴する(倍速で見るのがおススメです。)等の学習方法を採れば、素早く言葉に慣れることができるのでお勧めです。

■言葉に慣れたら

さて、言葉に慣れたらやることは一つです。それは過去問をひたすら解くこと。選択肢一つ一つについて、なぜそれが誤りなのか、正しいのかが過去問の問題集には書いてありますので、それを自分の中で根拠を持って説明できるレベルまでやっていく必要があります。

というか、その後にもっと上級の資格取得を目指しているとか、そういった事情がない限り、必要以上のレベル感を追いかけるのはムダになります。

行政書士の合格を目指すだけなら、行政法について学者先生が書いた『基本書』なる本を読むとか、類似資格の行政法の分野の問題集に手を出すとかは不要です。

パレートの法則収穫逓減の法則といった、良く出題される分野は全体の中の一部でしかなく、必要以上の高得点を目指す場合、効率がきわめて悪くなるといった経験則があります。(合格点以上を確保できれば満点でも合格点ギリギリでもそこに実質的な差は存在しません。)

そのため、そういった手を広げすぎる事は、時間という資源を無尽蔵に投入できる人ならばともかく、効率が良くないため、実質的には合格から遠ざかる原因となりえます。

そもそも論ですが、試験問題で繰り返し問われる内容は、理由があって繰り返し問われていると考えられます。出題をする側に立てば、例年の傾向を全く無視して新たに問題の出題分野から考え直すような無駄は、好まないと考えられます。

また、資格試験と言えどもでたらめな運営をするわけにはいきませんので、(難易度評価委員会なる委員会が試験を運営している組織内にあります。)難易度の上下も説明をできるような範囲にとどめておきたいと考えるのが人情です。

これを無視して、いきなり前年と全く違う傾向の問題を出した結果合格率が例年の10分の1とかになると、困るのは中の人です。

そのため、過去問の傾向はある程度は踏襲されると考えるのが自然なのです。

行政書士試験合格サイト 東京法経学院
「知識や時間がない」方でも短期間で行政書士に合格できる今話題の勉強法とは?

このように、言葉に慣れるために繰り返し学習を行い、さらに、過去問中心で対応するというのが、行政法の攻略方法であると考えられます。

なお、記述式については、行政法分野は1問、20点の配点となりますが、せいぜい40文字前後の作文ですので必要以上に恐れる必要はありません。

問われている内容に沿った形で、キーワードをつなげられれば自ずと高得点になりますので、学習の基本線は言葉に慣れ、その後は過去問中心対応で良いと考えられます。


経営
2015年10月13日

中間持株会社 | ワザワザ中間持株会社である旨を言われることはほとんどありません

中間持株会社
中間持株会社とは、親会社(持株会社)の傘下で複数の企業を支配するといった持株会社のことを指します。この種の持株会社は親会社ではない持ち株会社くらいのとらえ方がしっくりくると思います。

例えば、中間持株会社が事業持株会社になるケースもあります。このような場合、親会社があって、中間に中間持株会社がグループ経営のうち、一定の分野について自社も事業を経営しながら、傘下の子会社(親会社からすると孫会社)を支配するイメージです。

■具体例は?

このような事業持株会社が中間持株会社となる例として、ソニーの音楽部門を束ねるソニー・ミュージックエンタテインメント社などがあげられます。

また、中間持株会社を純粋持株会社として設立し、ある一定の事業グループを束ねて支配させるようなケースもあります。こちらの例は、小田急電鉄の箱根関係の事業を統括する小田急箱根ホールディングスなどとなります。

■あまりメジャーな分類ではありません

事業持株会社、純粋持株会社金融持株会社などといった分類と比較して、あまり言及されることがない分類ですが、(この分類がよくつかわれるのなら、中間持株会社でない持株会社について、特別な名前が与えられているはずです。)こういった分類も存在しているのです。


時事ニュース解説
2015年10月12日

マルタイの棒ラーメンがアジア圏で大人気、美味しいですしお土産の定番ですもんね

海外へ
マルタイの棒ラーメン。九州に旅行した時などの定番のおみやげ品です。まんがで気軽に経営用語の中の人も、 球種に行った際には、マルタイの棒ラーメンや、めんべい等を買って関係者に配ったりします、。

そのようなおみやげ品の定番。マルタイの棒ラーメンですが、アジアでの販売を伸ばしているようです。

報道では

棒ラーメンで知られるマルタイ(福岡市)が海を渡り、中国や台湾、香港に活路を見いだしている。国内では即席めん市場の競争が厳しいが、日本食が人気のアジアへの輸出で売り上げを伸ばしている。2015年10月11日 朝日新聞デジタル

とされており、アジア市場での存在感を増しているようです。

■狙いと違ったけど

さて、このような景気のいい報道がなされていますが、どうやら当初の狙いは関東圏だったようです。関東圏を狙って、九州各県のご当地ラーメンの開発をしていたようですが、そのような商品の人気に火が付いたのはアジア圏だったとの事です。

棒ラーメンのカラフルなパッケージが適切に陳列された売場で販売されている。フランス系のスーパー、カルフールの店頭で社長がその光景を見て感激したと報道されています。

(余談ですが、カルフールはハイパーマーケットなる業態を開発した事でも有名です。とはいえ、フランス系のハイパーなどと略しても読者には伝わらないので、フランス系スーパーと報道される事がほとんどですが。)

■日本食人気と綺麗なパッケージ

さて、どうしてヒットに至ったかについては日本食が人気のアジアへの輸出が功を奏したとしか言及されていません。

確かに、日本食に対する好感がヒットを後押しした事は間違いないでしょう。しかし、こういった商品は単に日本食人気といったキーワードだけで売れる程甘くはないと考えられます。

逆に言うと、フランスの食品ブームやタイ食品ブームが生じた際に、「フランスのインスタント食品だから買おう」とか「タイのモノだから美味しいに決まっている」などといった風な消費行動は取らないですよね?

消費者はどんなにブームになっていても、不要な物、魅力が乏しいモノについてはワザワザお金を出したりしないのです。

その視点からは、マルタイの棒ラーメンは日本国内でもおみやげ品の定番となるほどの商品力をもっており、そもそも商品に魅力があったと考えられます。

関東進出があまり良好な結果が出ていないと報道されている通り、商品力が高いだけでうまく行くほど甘くはありませんが、元からあった高い商品力とアジア圏への高い流通力を持っている小売店とが組み合わさった結果、大きく売り上げを伸ばしているとの事です。



上のような商品ラインナップを見てみると、確かに美味しそうですし、商品力の強さも感じられますね。(こういったアマゾンとかのプログラムを使うと、商品画像を特別な許可を取らなくても紹介できるから便利です。)

ストーリー
2015年10月10日

会社のマークを変えて、会社の存在感を示せるといいですねというお話

tanuki
新しい朝、新しい街並み

tanuki_2
ココは、町はずれのファンシーショップ。80年代の香りが今なお残るちょっと時代に取り残されたお店です。

tanuki_2
ファンシーショップという業態。結構昔の業態かなぁと思いきや、最近でも割とあるみたいです。

tanuki_2
とはいえ、このお店は、新しい感じではなく、それなりに年季の入ったお店になります。

onnanoko_bustup
はぁ。確かにそうですが…

onnanoko_bustup
いえいえ、決してそんな意図では…

onnanoko_bustup
はあ、分かりました検討してみます…

tanuki_2
ガチャ、つーつーつー

onnanoko_bustup
ふぅ…

onnanoko_bustup_2
クレームをつけてくる人って最低。タンスの角に、足の小指ぶつけちゃえばいいのよ…

onnanoko_bustup_2
その上さらに、冷凍食品を回答した時に、中まで火が通ってなくって冷たい思いをすればいいのよね。

neko_akire
地味に嫌な事を願うんですね…

kitsune
で、どうしたんですか?

hiyoko
やっぱり、「ぬいぐるみが動く呪われたお店」みたいなクレームですか?

neko_akire
キミも呪われたお店ってフレーズが好きだね。

hiyoko
最近、昔のB級ホラー映画が好きでね。

kitsune
で、どうしたんです?

onnanoko_bustup
それがね。なんだかお店としての個性が打ち出せていないってクレームなのよ。

neko
でも、僕たちぬいぐるみが動くなんてかなり強烈な個性のお店ですよね?

kitsune_odoroki
いや、それお客さんにはナイショだから。

hiyoko
そうよ、私たちが動き出すのは、し・ん・や・1・2・時・す・ぎ・よ

kitsune_odoroki
そんな怪談風の変なキャラ作りいらないから。

hiyoko
あら、恐怖は日常に潜んでいるのよ。

kitsune_odoroki
意味が分からないし、なんとなく恐いし。やめてよね。

onnanoko_bustup
でもね、そんなクレームが入るなんて、ヤッパリ町一番のファンシーショップとしてどうかと思うわけよ。

tanuki_2
「ウチって町一番だったんだ…」というみんなの声を無視してオーナーさんのお話は続きます。

onnanoko_bustup
なのでね、このお店のマークを作ろうかと思って。

onnanoko_bustup
やっぱり商売で大切なのは差別化することなのよ。

onnanoko_bustup
あのお店は、ファンシーショップ業界でも別格ねといった評判を得て、このお店をチェーン展開して、いつかはフランチャイズチェーンにするのよ。

onnanoko_bustup_2
で、フランチャイジーから、莫大なロイヤリティーを取って一儲けするの。

tanuki_2
フランチャイジーはフランチャイズの加盟店、ロイヤリティー(royalty)はチェーン本部に支払うお金の事です。

onnanoko_bustup_3
で、私は本部ビルを丸の内に建てて、キラキラ光るオフィスビルで

onnanoko_bustup_3
仕事の出来る私は世界的な企業のCEOに。そして、素敵な執事に囲まれて(はぁと)

neko_akire
その丸の内のくだりは毎回やるんですね…

onnanoko_bustup_2
キャラ作りって大切よね。

neko
で、どうやってお店のマークで差別化するんですか?

kitsune
お店のマークやロゴが変わっていても、そんなにお店の価値は高まらないよね。

hiyoko
そうよ。霊でも見えるなら別だけど…

neko_akire
…今日はもう黙っててよ…

hiyoko

hiyoko

hiyoko

neko
(無視して…)で、マークを変えるんですか?

hiyoko
…(ちらっ)

hiyoko

hiyoko
…(ささっ)

onnanoko_bustup_2
ふふふ、CIよ

kitsune_odoroki
ええっ、CIですか?

kitsune
でCIってなんですか?

onnanoko_bustup
お約束のギャグをありがとう。

onnanoko_bustup_2
でも、説明が面倒だからココ(CIとは)を読んでね。

neko_akire
今日はなんだか雑ですね。

onnanoko_bustup_2
クレーム対応で疲れちゃったのよ…

hiyoko
…(ちらっ)

hiyoko
…(ちらっ)

hiyoko
…(ちらっ)

hiyoko
はっ、ひょっとして私はいま、きょ・う・ふ・の・透明・人間・に!?

neko
いや、キミは透明じゃないし、人間でもないし

tanuki
とうとう我慢できずに、つっこんでしまいましたとさ。


記事一覧はこちらです↓
ストーリーで解説経営用語

経営
2015年10月9日

決済 | 取引を終了する事を指す言葉を決済と言いますが、同音異義語があるので文脈で判断しましょう

決済
決済とは、代金の支払いを行い、一連の取引を終了させることを指す言葉です。物やサービスを購入し、最終的にお金を支払うことを「決済する」と表現します。

物やサービスの取引がわかりやすいのですが、債券や株式を購入した際にも決済は行われます。この場合、最終的に現物株や債券などの権利を引き渡し、引き渡しを受ける側がお金を支払う事で決済とされます。

このような場合、一連の取引がお金の支払いと権利の引き渡しで終了するため、決済となるのです。

なお、同音異義語に、決裁という言葉があります。こちらは、物事を決めることを指すので、「社内のけっさいが…」などと取引先の担当者がいったのならば、社内で決めてもらわないといけないといった意味になります。(決裁の意味でつかわれています。)

また、「社内でこの件をけっさいするけっさいが下りた」などという場合には「社内でこの件の代金を支払う(決済)の意思決定(決裁)が行われた」といった意味になります。
 
同じ読みですが、意味が違うので誤変換に注意したい言葉ですね。(まんがで使用例を書いていますので、漢字に注意して読んでみてください。)
組織論
2015年10月8日

決裁 | 組織内で物事を決める権限のことを言います

決裁
決裁とは、権限を持っている人が、物事を決定する事を言います。「上長の決裁をもらうために…」などと取引先の人が言ってきた場合、その担当者の一存では決められない事柄であると言っているのです。

この決裁権は意思決定の階層構造に見られるように、その人の組織内での地位によって異なってきます。

例えば、課長クラスであれば、50万円までの購買に関する意思決定を自由に行える、部長クラスになれば500万円までの意思決定ができるなどといった風に、組織内の地位で権限に強弱をつけるような事が行われます。

また、組織内の仕事の分担によって、購買に関する意思決定権限は購買部の人にしか与えないといった事も行われます。

このように、意識決定できる範囲と金額を組織内の部署や地位によって分けることで、組織としての統制を取っていくのです。

■決裁権を持っている人かどうかの見極めは大切です

さて、もしあなたが営業担当者やフリーランスの人で、ある企業から受注の意思決定を引き出したいとします。

そのような場合、折衝している担当者が決裁権を持っているか否かはとても重要になってきます。決裁権のある人とやり取りをしていれば、案件の可否を決定する際に「上長に確認します」 などと待たされることもありませんので、話が早いのです。

とはいえ、通常は相対する担当者は最終的な決裁権を持っていないケースも多いので、その人が上長に報告し決裁をもらいやすいような提案をすることも大切となってきます。

組織内の力学にまで気を配れれば、一味違う担当者としての地位を築くことができます。

なお、あなたが何らかの仕事をしていて、自分に決裁権の内容な事柄については、報連相が非常に大切となります。

同音異義語
決済




経営
2015年10月7日

金融持株会社 | 金融関係の持株会社には特別な名前がついています

金融持株会社
金融持株会社とは純粋持株会社の中で、子会社が金融事業を行っている企業のことを指す言葉です。この種の持株会社は純粋持株会社が我が国で解禁された後もしばらくは禁止されていました。

このような持株会社の形態は現在は解禁されていますが、2015年現在、金融持株会社は一定の業種しか企業を支配することは認められていません。

そのため、金融持株会社である○○銀行ホールディングスといった企業が、一般の○△製麺や○×自動車を傘下に置くことは認められていないのです。

■証券会社や保険会社等を傘下に収める金融グループ

そのため、現在の金融持株会社は、証券会社や保険会社(損害保険会社や生命保険会社)等を傘下に収めている金融グループの親会社となっています。

このように色々な制度の中運用されている会社形態なのですね。

なお、持株会社についてはマンガに埋め込んだ通り、下図のように整理することができます。

 持株会社体系図

持株会社は、事業持株会社と純粋持株会社に分類され(持株会社自体が事業を営んでいるか否かの分類なので必ず二分されます、純粋持株会社の中で特に子会社が金融事業を営んでいる場合、金融持株会社となります。)

 
時事ニュース解説
2015年10月6日

売れるものなら不満であっても売れ。ニッチなサービスを提供する不満買取センター

不満買い取り
不満買取センター。何とも奇妙な名前ですが、これは会社名です。その名の通り、一般の人の不満を買い取るといったビジネスを行っています。

と、このように書くと「不満を買い取る?どういう事」といった反応が想定されますが文字通り不満を買い取るといったビジネスが世の中にはあるのです。

ストレス発散しながら、お小遣い稼ごう!

■不満は一件5円から25円で売れます

具体的には、一般の人が不満をこの会社のサイトに投稿することによって、5円分から25円分のポイントを得ることができます。

そして、そのポイントが一定水準たまればアマゾンギフトカード等で事実上の換金ができるといった仕組みなのです。(現在は500ポイント程度で換金できるとのことです。)

そのため、日常の些細な不満をスマホや携帯でメモしておいて、あとでまとめて投稿するなどといった事をすれば、おこずかい稼ぎにはなりそうです。

■不満買取センターは不満なんか集めてどうするの?

と、上記のようなサービスなのですが、不満買取センター側は、不満など集めてどうするのでしょうか?人々のネガティブなエネルギーを集める悪の秘密結社とかなのでしょうか?(そんな子ども向けアニメとか特撮ものが放送されていますよね。)

もちろん、人々のネガティブなエネルギーを集める悪の秘密結社などではなく、不満買取センターもビジネスとしてこのような事業を営んでいるのです。(逆に、不満を集めることで、快適な世の中の構築に貢献するビジネスモデルとなっています。)

■商売に大切な『ふとり』

商売は『ふとり』 が大切であると言ったお話を聴いたことがある人もいると思います。

つまり『不』満、『不』足、『不』確実、『不』便などの『不』という文字を取るような製品やサービスを提供すると儲かるという経験則です。(『不』便を解決するような視点から宅配型クリーニングサービスなども生まれています。)

そして、この不満買取センターは『不』満を買い取るというビジネスを行っています。

ここで、中にはピンと来られた方もいるかもしれませんが、不満買取センターは、買い取った不満を、商売の材料を探している企業に転売するといった事業を行っております。

つまり、企業側は、消費者が感じている不満を解決できるような製品やサービスを提供できれば、商売になるので、不満はお金を払ってでも集めてきたいのです。

但し、そんな事を言っても、一般の企業が不満を集めるのは難しいので(一件20円で不満を買い取るとしても、そのサービスの周知にもお金がかかりますし、仕組みの運用も大変そうです)、このような不満買取センターの提供しているサービスを利用する方が合理的であると判断されるのです。

■このサービスに登録すれば不満は沢山でてきます

さて、不満を販売する一般の人の側に立つと、「そんなに不満なんかないけどなぁ」と感じる人も多いハズです。ただ、このように感じる人であっても、不満が販売できるこのようなサービスに登録すると日常の不満は次から次へと出てくるので、投稿するネタには困らないと考えられます。

これは、カラーバス効果といった人間の心理によるもので、注意を向けている物事は目に入りやすくなるといったモノです。

この事を不満に当てはめると、販売するための不満の種を探しているわけですから、当然、日常の不満が目につくようになるわけです。

そのため、不満買取センターのサービスに登録して不満を買い取ってもらう場合、買い取ってもらう不満の種には事欠かなくなるかもしれませんが、決して「不満を投稿してストレス解消しながらおこずかいゲット」とはいかないと思われます。

確かに投稿すればストレスの発散はできるかもしれませんが、従来よりも些細な不満が目につくようになりますのでストレス源は増加すると考えられるからです。

(ストレス源が増えても、発散できるので、おこずかいがもらえる分だけお得と考えることもできますが…)

ストレス発散しながら、お小遣い稼ごう!

いずれにしても、世の中には面白いビジネスが多いというお話です。興味を持たれた方は、試してみても面白いかもしれませんよ。

経営
2015年10月5日

純粋持株会社 | ○○ホールディングスといったかつては禁止されていた企業形態があります

純粋持株会社
純粋持株会社とは、みずからは本業となる事業を営まずに、他の会社を支配することを目的として営まれる会社のことを言います。
この純粋持株会社は○○ホールディングスといった企業のイメージで、自社では事業を行わずに、株式を持って他社を支配することを仕事としている感じです。


このような持株会社は、かつては禁止されていました。というのも、巨大な企業グループが生まれると、公正な競争が阻害されると考えられていたからです。(事業持株会社は従来から認められていました。)

戦前の財閥のような巨大企業グループが再び生まれないようにとの意図で、独占禁止法で禁止していたのです。

しかし、このような制限を加えることで様々な弊害が生じてきたため、解禁されたとの経緯があるのです。

■グループ経営

このような持株会社を立ち上げる事により、M&Aなどがやりやすくなるといったメリットがあります。

というのは、純粋持株会社が親会社とはなりますが、子会社間は並列の関係となるため、買収される方の企業の抵抗感が薄れますし(ある日、自社がライバル企業の傘下に入るよりも、共同で親会社としての純粋持株会社を立ち上げる方が心理的な抵抗感は少なくなりますよね)、あくまで別会社になるので、良くも悪くも旧会社の人事制度を温存できます。

また、こういった合併ができれば、範囲の経済規模の経済を獲得することにもつながりますしその結果、シナジーを獲得することもできます。

このように、純粋持株会社にはとても強力なメリットがあるのですね。
経営
2015年10月4日

事業持株会社 | ニュースでよく出てくる持株会社にも色々な種類があるのです

事業持株会社
事業持株会社とは、自らも本業となる事業を行っており、さらに、他の企業の株式を持って、他の企業を支配している企業のことを言います。

イメージとしては、親会社といった感じですね。

例えば、石川島播磨重工といった自ら事業を行っている大企業のような感じです。(自らも事業を運営していますし、IHI運搬機械などといった企業を支配しています。)このような企業は自らも事業を運営していますし、さらに持株会社として子会社の株式を持って支配しています。

また、自動車メーカーが子会社の部品メーカを支配する、商社が子会社としていろいろな事業を行っている企業を支配するといった形がこの事業持株会社に該当します。

あまり持株会社という言葉で連想できる形と、合致していませんが、このように、事業持株会社といった分類があるのです。

このような事業持株会社は、自社でやっていた事業を子会社として独立させたり、別会社を買収したりすることにより生まれます。

■事業を行わない持株会社もあります

さて、事業持株会社と言う用語がわざわざ用意されているという事は、事業を行わない持株会社もあるという事の裏返しです。

そして、自社は事業を行わないような持株会社を純粋持ち株会社と言います。

単に持株会社という場合には、こちらの純粋持株会社の形態を指す事が多いので注意が必要ですね。
時事ニュース解説
2015年10月3日

高齢者見守りサービスと郵便局の組み合わせから考える、あえて田舎でサービスを提供する事業

001見守り
高齢者見守りサービス。こういった安心感を提供できるようなサービスは、時代を反映したサービスであると感じます。

報道では
日本郵政は25日、1人暮らしの高齢者などの生活を支援する「郵便局の見守りサービス」について、内容やエリアを10月から拡充すると発表した。2015年9月29日 ケアマネタイムス
とされているように、日本郵政(つまり郵便局)が『高齢者見守りサービス』を提供しているとされています。

■郵便局は全国各地にあります

全国津々浦々に郵便局は存在しています。郵便サービスを運営するための経営資源として、必要不可欠だからです。

国が運営していたといった関係もあり、あくまで目的は、最適な収益を上げることではなく、全国に郵便サービスを提供する事でした。

そのため、稼働率を考慮すると、配置することが難しいような地域(いわゆる過疎地域等ですね)にも郵便局を設置しているのです。

しかし、このような過剰な経営資源は、収益の最大化を使命とするような場合にはあまり歓迎されません。

競争地位別戦略といった考え方があるのですが、このような考え方では最大手の企業は市場シェアの最大化のみを追いかけないとされています。

つまり、市場シェアの最大化を目指す場合、非効率となるとわかっていてもあえて出店をしなければならなくなるようなケースがあるためです。(郵便局は市場シェアの最大化、つまり全国民にサービスを提供するという使命があったため、採算度外視で郵便局を設置しなければならないケースも存在していると考えられます。)

但し、このような事情を元に考えると、高齢者見守りサービスは非常に相性の良い新規事業であると考えれます。(こういった相性の良い事業を組み合わせることにより相乗効果を発揮するようなケースをシナジーと呼びます。)

■高齢者見守りサービスは人口の少ない地域で実施される

さて、上のような仮説を立てて日本郵政のプレスリリースを確認したのですが、どうやら人口が少ない地域を中心に設置されるようです。

例えば東京都では、23区内や三鷹市や武蔵野市といった人口の多い地域ではなく、あきる野市や大島や新島などで実施されています。

このように、人口が少ない地域、つまり郵便需要がそれ程多くなく、郵便局という経営資源の稼働率がそれほど上がらないような土地で高齢者見守りサービスを展開していくといった形になるのです。

もちろん、こういった地域が高齢化が進んでる地域であるとも考えられますが、高齢者の絶対数で言えば都市部の方が多いので、やはり都市部以外の郵便局の稼働率向上が目的出ると考えることができます。

また、こういった人口が少ない地域からは、若い世代が親を残して都会で働いているケースが多くあることが想定できます。

すると、見守りサービスの受け手は、人口が少ない地域の高齢者と人口が多い地域の若い世代であると考えることができます。

そして、お金を出すのは若い世代の方になると考えられるので(親の見守りをお願いするようなケースですね)、都会の物価でサービスを販売し、人口の少ない地域の物価で労働力を購入してサービスを提供するといった構造にもなります。

■お金を出す人とサービスを受ける人

と、このようなあえて、人口の少ない地域でサービスを提供するといった選択肢はこれからの事業としては面白いかもしれません。

ニーズは確実にあるので、後はどのように提供するか、どのように事業として成り立つようにお金を回収するか。その辺を考えて事業を作ることができれば大きなビジネスチャンスがあるかもしれません。

在宅医療サポート協会 あんしんセンター高松

上のように、あえて高松(香川県)で見守りサービスを運営するといった会社もあります。さらに、高齢者を見守るので、地元のお国ことばでサービスを提供するという、ニッチなニーズにしっかりと答えている制度設計になっています。

また、こういったサービスを香川県内だけでなく、全国の地元に両親を残して頑張っている香川出身者に対して訴求するといった売り方をしているのです。
マーケティング
2015年10月1日

カラーバス効果 | 気にしている物事は、実際よりも目に入りやすくなる傾向です

カラーバス効果
カラーバス効果とは、気にしている事柄が目に入りやすくなる心理的な効果の事を言います。

例えば「経営マンガ」といったキーワードなどは読者の皆様にとってはあまり反応しないと思いますが、経営マンガの中の人にとっては最重要キーワードなので、仮に電車の中刷り広告などにそのような言葉が入っていたら必ずと言っていいほど目に入ると思います。
 
そして、2か月ほどの間に2誌ほどの雑誌が経営マンガというキーワードを使って中刷り広告を出していれば、「むむ、経営マンガが最近は流行っているのかな。」などといった風に判断しかねません。

また、自転車が趣味の人がいるとします。特にそのような趣味のない人にとっては、それほど自転車は目に入りませんが(今日、どんな自転車を見ましたか?)、自転車が趣味の人にとっては多種多様な自転車が世の中にあふれているように感じるはずです。

このように、自分の意識を向けている事柄のj兵法は無意識に集めやすくなるといった心理的な効果がカラーバス効果なのです。

やや、経営用語からは外れて、自己啓発用語的になりますが、そのような心理的な効果が人には備わっているので、意識を向ける対象には注意をする必要があるのです。

もし、ストレスにあふれた状況に置かれているのなら、リラックスできるような物事へ意識を向けると、ストレスが緩和されるかもしれませんよ。

■経営用語的には

例えば、消費者がせっかく購入した商品に不満足を覚えていたとします。このような場合、実際に購入したという行為と、不満足を覚えているといった自分の中で矛盾する心理状態となります。(このような状態を認知不協和と言います。)

このような時に、人は自分の行為を正当化するために、購入した商品について、購入すべきだった理由を探し始めます。(残念な意思決定だったことを認めても、認知不協和は解消できますが、多くの人は、事故の意見を正当化するための材料を探します。)

そして、探し出すとすぐに色々な評判が見つかるはずです。そして、探し出して色々な評判が目に入るような心理効果をカラーバス効果で説明できるのです。
 
ストーリー
2015年9月30日

お店にくる人が増えない?だったらもう一品余計に買ってもらえばいいじゃない

tanuki_2
いつもの朝、いつもの街並み

tanuki
ココは、町はずれのファンシーショップ。80年代の香りが今なお残るちょっと時代に取り残されたお店です。

tanuki_2
ファンシーショップという業態。結構昔の業態かなぁと思いきや、最近でも割とあるみたいです。

tanuki_2
とはいえ、このお店は、新しい感じではなく、それなりに年季の入ったお店になります。

kuma
あれだよね…ポプラ堂の方が安くて良いよね。

hiyoko
イヤイヤ、アカシヤ屋の方がもっと安かったよ。

panda
でも、マロニエ商会も良いと思うよ。

tanuki_2
なんだか、おなじみの面々は、お買い物の事で盛り上がっているようです。

neko_akire
僕らが外にでたらまずいよねェ(ましてやお買いものなんて…)

kuma
大丈夫だよ。

kuma
オーナーさんに連れて行ってもらえばさ。

tanuki_2
ぎーカランカラン

onnanoko
ふー、色々買っちゃったわ。

onnanoko
やっぱり、カエデ屋が一番よね。

onnanoko
そんなに安いわけじゃないけど、雰囲気もサービスもいいから。

onnanoko
イイモノをしっかり選んで買う事ができる、賢い消費者の私は、いつか、丸の内で働いて、キラキラ光るオフィスビルで、

onnanoko
仕事の出来る私は世界的な企業のCEOに。そして、素敵な執事に囲まれて(はぁと)

kuma
おーい、オーナーさん。帰ってきてよ。

onnanoko
あら、いけないわ。私としたことが、つい。

hiyoko
で、何を買ってきたの?

onnanoko
ふふふ、お裁縫のセットよ。

onnanoko
これでね、キミたちの付属品を作って客単価をあげるのよ。

hiyoko
客単価って、なんだかちゃんと商売っぽいお話をするんですね。

onnanoko
そうよ、私はできる女なのよ。

neko_akire
で、付属品って何を作るの?

kuma
何を作ってくれるの?

panda
新しいシャケを作ってもらえば?

kuma
これは、シャケじゃなくてニジマスなんだよね…

neko_akire
うーん、おさかなに詳しくない僕には、ブラックバスにも見えるかなぁ…

neko_akire
まあいいや、で、どうして客単価をあげる必要があるんです?

hiyoko
そうね、もっと宣伝をしてお客さんを増やせばいいじゃない。

onnanoko
確かに、お客さんの数が増えれば売上高は多くなるわ。

onnanoko
でも、残念ながら新しいお客さんを取りこむのはなかなか難しいのよ。

onnanoko
この小さな町で、古びたファンシーショップが行列のできるお店になるのは難しいのよ。

neko_akire
確かにそうですね。

neko_akire
お店の前で、迷っている人がいたから、来店してくれるようにと笑いかけたらさ…

neko_akire
回れ右をしてお客さんが帰っちゃったんだよね。

neko
どうしてなんだろうね…

hiyoko
(そりゃあ、ぬいぐるみが勝手に動くお店は怖いよね)

neko
何か言ったかい?

onnanoko
とにかく、ぬいぐるみが勝手に動くお店といういわれのない非難を受けているので、あんまりお客さんの増加は見込めないのよ。

onnanoko
こういったのはレピュテーションリスクね。

hiyoko
それで、客単価の上昇に舵を切るのね。

hiyoko
良いと思うよ。だって、売上高は客数×客単価で計算できるから

hiyoko
客単価を増やせば、売上は上がるんだよね。さらに言えば、客単価は販売数量×商品単価に分解できるから

hiyoko
ぺらぺらぺら

kuma
で、何を作るんですか?

neko
付属品ってことは、かわいい帽子とか作ってくれるんですね!?

kuma
いいな、僕も帽子が欲しいな。

panda
シャケの帽子をかぶると『さかなクン』みたくなっちゃうよ?

kuma
だから、シャケじゃなくてニジマスだから。

onnanoko
うふふ、出来てからのお楽しみよ。

tanuki
その日の営業時間終了後

tanuki_2
オーナーさんがみんなに作った付属品を披露しています。

onnanoko
じゃーん

tanuki_2
ざわざわ

tanuki_2
思いのほかクオリティが高いのでお店がにぎやかになってきました。

neko
すごいね。

neko
すごいね。

hiyoko
そうね、二回すごいねって言っちゃうほどすごいね。

neko
でも、こんなに手の込んだ商品をいくらで売るんですか?

onnanoko
うーん、客単価を増やしてと思っていたけど、思いのほかよくできたから、売るのが

onnanoko
もったいなくなっちゃったわ。

onnanoko
お店に飾っておこうと思うの。

tanuki_2
のんきなオーナーさんですが、なんとかやっていける程度の適正な利潤は得られているようです。

tanuki_2
で、何を作ったかですって?

onnanoko
それは秘密です。知りたい方は、ご来店くださいませ。

記事一覧はこちらです↓
ストーリーで解説経営用語

時事ニュース解説
2015年9月29日

めんどくさい作業を委託することでトータルコストを削減。宅配型クリーニングもそんな発想です。

外注生活
いきなり質問ですが、個人にとって一番貴重な資源とはなんでしょうか?最終的には価値観の問題となりますが、やはり『時間』が該当すると感じています。

一般的には、自分でできることを人にお願いするといった事は無駄遣いと捉えられていますが、自分よりもうまくできる人が、自分でやるよりも安くやってくれるのならば、サービスのみを購入するのではなく、時間についても購入していると考えられないでしょうか?

例えば、自分でも洗濯をしてアイロンをかけることはできなくはないですよね?でも、プロにお願いするとその時間が節約でき、かつ、仕上がりも良いといった判断から、Yシャツなどをクリーニング屋さんに出したりするわけです。

ただし、このクリーニング屋さんに洗濯物を出しに行くといった行為自体もちょっと時間がかかってしまうので、取りに来てくれると便利だなとも思うわけです。

■宅配型クリーニングがある

さて、そんなこんなで探していたら、ネット宅配型クリーニングといったサービスが世の中にあるようです。「これは良い」と思ったのですが、同時に気になるニュースもありました。少し古い報道ですが

インターネットで申し込み、宅配業者を利用して、衣類の受け渡しを行う「ネット宅配型クリーニング」の相談が急増している。クリーニング店の店舗数は減少傾向で、国民生活センターなどに寄せられるクリーニングに関する相談も年々減ってきている中、ネット宅配型の相談件数は、平成21年度は17件だったのに対し、26年度は1月31日時点で156件と9倍超に増加している。国民生活センターは、「店舗型との違いに留意し、事前に契約内容をよく確認してほしい」と注意を呼びかけている。2015年5月10日産経新聞

といった風に、ネット宅配型のクリーニングでは相談が従来のクリーニングサービスと比較して多いとされています。

これに関しては、「店舗型と宅配型の違いについて留意してほしい」と国民生活センターが指摘している通り、別のサービスであると認識したうえで利用する事で自衛していく必要があると考えられます。

■情報の非対称性が生じる

なんだか難しげな小見出しを付けましたが、情報の非対称性とは簡単に言うと、直接会わないわけなので取引の当事者同士が持っている情報量に差が生じるといった事です。

つまり、クリーニングを出す人にとっては状態等をしっかりと把握できているのですが、クリーニング業者側にとっては、受注して、モノが届いてからでないと正確な把握ができないといった点です。

通常は、事業者側が持っている情報量の方が多くなるのですが、宅配クリーニングといった業態では、直接相対で、クリーニングの対象物を確認できないといった弱点があるため、顧客側の方が情報を多く持つのです。

この辺は、実績がある、経験が豊富なクリーニング業者とお付き合いすることで埋めていくしかなさそうです。

■とはいえ便利です

クリーニングというものは、季節の変わり目に多量に発生するといった特徴があります。季節の変わり目は衣替えの時期なので、洋服や厚手のコートなども収納の対象となります。というのは、冬用のコートは夏には使わないものですからね。

そして収納する前には、やっぱりクリーニングに出してから、しまうようにする方も多いと思われます。

このような場合に、近所ににクリーニング屋があれば良いのですが、そうでなければわざわざ持ち込む手間が発生してしまいます。時間だけでなく、多量の衣類を抱えてクリーニング屋さんに持ち込むのは結構なストレスになるはずです。

また、時間を取れればいいのですが、仕事や家事・育児に忙しい人も多いため、いくら近くにクリーニング屋があっても中々持ち込むことができないといった悩みもあると思います。

その様な時に活用したいのが、宅配クリーニングサービスになると思います。何といっても、家から一歩も出ずにクリーニングに出す事ができる訳ですから、日々の生活にかかる見えないコストを大幅に引き下げることができます。

(クリーニングを出すために、2時間余計に掛けるのなら、その2時間でできた事をあきらめたというコストが発生しています。こういう考え方を機会原価と言います。)

■従来のサービスでは

従来のクリーニングサービスは、(店舗型クリーニングは)、クリーニングをしたい衣類の持ち込みが基本となります。そのため、クリーニング店毎に決まっている営業時間内に持ち込まなければならないといった制限が発生します。

どうしても、自分の都合だけでは動けないのですね。そして、自分の都合で動けないため、クリーニングの為に時間を割く事は難しくなってしまいます。(コンビニのように24時間営業していれば、都合を気にせず対応できるのですがそういったクリーニング屋さんはほぼありません。)

通常は18時か19時くらいにはお店が閉まってしまうようなケースが多いと思います。という事は、平日にお仕事をしているような人は、結局のところ休みの日に行くしかなくなってしまうといった現実があります。

さらに、クリーニングに出す場合、やっぱりある程度まとめて出すと思います。ワザワザ休みの日にクリーニング屋さんに行くわけですから一気に対応したいと考えるのは自然なことだと思います。

しかし重い衣類を運ぶのは案外大変です。(Yシャツでも枚数が増えるとかなりの重さになりますし、かさばります。)また、特に衣替えのシーズンなどは、重さやかさ張るコートなどを沢山出すケースもあるので、非常に苦労することととなります。

さらに、その苦労をもう一度、クリーニングが完了した時にも、しないといけないという問題があります。つまり、持ち帰るために再度お店まで行く必要があるのですね。(近所にクリーニング店がない方は、わざわざ時間をつくって持っていき、再び取りに行くので非常に大変です。)

■宅配サービスで機会原価を削減

このような煩わしさから逃れられるサービスとして、宅配クリーニングといった選択肢もありだと思います。

このような宅配クリーニングの良さといえば、自宅で渡しから受け取りができるという事です。家事や育児、仕事などで忙しく店頭に行く時間がない方や近所にクリーニング店がない、そんな方にとっては、上記の問題点を解消したとても便利なサービスであるという事ができます。

また、お店自体の営業時間を気にする必要がないというのも大きな利点です。申し込みはインターネットから出来ますので、時間の空いた時に利用できます。後は宅配会社の引き取りと受け取り時間を決めればクリーニングサービスを利用することができるので、従来の店舗型クリーニングに比べて時間を有効に使う事ができます。

さらに、クリーニングに出す衣類がたくさんあっても、自宅に集荷しに来て頂けますので持ち運ぶ必要がありません。何より、クリーニング店の営業時間とあわなくても、遠方でクリーニング店に行くのが大変という人でも、簡単に利用できるのが最大のメリットとなります。

このような利点から、機会原価を大幅に削減できる良いサービスであるという事ができます。(逆に言うと、従来の店舗型クリーニングサービス業を営んでいる人にとっては、『集荷』といった切り口が競合他社との差別化要因となるともいえます。)

■具体的な利用方法

まずはインターネットで気にいったクリーニング店を選びます。例えば、【ネクシー】宅配クリーニング といったイメージです。そのうえで、都合の良い日を集荷日と届け日として申し込みます。

指定した日に集荷が来ますので、それまでに梱包したうえで準備をしておけば、余計な時間や手間を避けることができます。もちろん、集荷を依頼していますので、出荷を行う宅配便の業者が自宅まで集荷に来てくれます。

また、2回目以降の利用については、送付キットが手元に届くので、ネットで注文後にすぐに発送する事ができるので便利です。

気になる、納期に関しては、クリーニングを注文して集荷に出してから大体5日から一週間程度で仕上がってくる感じです。納期のイメージとしては、従来の店舗型に比べてそこまで変わらない感じとなります。また、価格は最安のクリーニング屋さんとはいえないものの、それなりに安い金額で対応してくれるようで(会員登録すれば割と安くなります)、送料も地域によって3,000円以上や4,000円以上の注文で送料が無料となります。

コートなどはメンバー価格で1,350円なのですが、まあ、相場通りかなといったイメージです。まとめてお願いすると、自分でお店に持ち込んでも同じくらい取られるので、手間が関わらなくそのための時間をワザワザ作らなくても済むといった効果があるので、結果としてお得となるようなイメージです。

■従来の店舗型の方が強い点

とはいえ、宅配型クリーニングの場合、配送する時間がどうしてもかかってしまいます。そのため、礼服など急に必要となるといった場合には店舗型クリーニングサービスの方が小回りが利きます。また、Yシャツなどをこまめに出すような場合も、店舗型クリーニングの方が(沢山まとめなくて良い分)便利となります。

また、「とにかく安い方が正義。安ければ安いほどよい」といった人にとっては、街で最安のクリーニング屋さんを探した方が安くなりますし、チラシなどが入っている時に、特売価格のモノを狙ってクリーニングに出せば表面上のコストは抑えられます。(こういった消費者行動をチェリーピッカーと呼びます。お店側はこの手のお客さんばかりを集めるようだと、経営に良くない影響が与えられますので注意が必要です。)

サービスについても、対人接客が受けられた方が、クリーニングなどについての相談をその場でできるために手厚いと考えられます。また、クリーニング店の人と人間関係が出来上がっているのなら、それを大切にした方が良い場合もあります。

(従来の店舗型クリーニングサービスが宅配クリーニングと差別化するためには、上記のような自分たちの強みをどのように生かすかを考える必要があります。)

■まとめ

と、双方のメリットデメリットを考えてきましたが、宅配クリーニングの一番のメリットは、やはりクリーニング店に行かなくても良いという事につきます。

家事や育児、仕事の都合でクリーニング店の営業時間と合わない人でも、気軽に利用できる。また、遠方でクリーニング店に行くのが大変であってもクリーニング屋さんに行かなくても良い。重たい物を運ぶ手間がかからない(Yシャツでも枚数が増えるとかなり重いですからね)など、時間以外のメリットも充分にあります。さらに、コンビニを利用して依頼できるといったサービスも存在します。

気になる料金についても、宅配型は宅配・集荷といった手間がかかるにしても、そこまで割増にはなりません。(一定以上の注文なら送料無料になります。おそらく全国からクリーニング需要を集めるため規模の経済が強く働くのだと思います。)また、全国対応してくれるお店も多いので、クリーニング単価が高い衣料などを中心に上手く活用する事でトータルコストを削減できると考えられます。

いずれにしても、忙しい日常の中で、こういったサービスを利用することでトータルコストを削減するといった発想はとても大切になります。時給1,000円の人が2時間何かで動き回ると2,000円、2,000円の人が2時間だと4,000円といった事も視野に入れながら、お得な生活を送っていくとよいと思います。(この辺のコスト意識は経営用語的にも大切だと思います。)




経営
2015年9月28日

デコンストラクション | 『脱構築』と言われても何のことか分からないですよね。

デコンストラクション
デコンストラクションとは、経営を取り巻く既存の構造を別の視点から見ることによって、新しい事業構造を作り出すことを言います。

例えば、経営を取り巻く既存の構造としてお店を持っている企業があるとします。そのお店は、先代が仕入れたよく分からない商品が多量に残っていて、不良在庫に苦しめられているようなケースです。

このような場合、経営を取り巻く既存の構造ではその企業にとっては在庫コストが多量にかかっているわけですから、マイナスです。

しかしこのような経営を取り巻く構造を別の視点から見て、「確かに死筋だけど、よく見たら面白い商品が沢山ある。だったら、これを従来の商圏にとらわれないで、インターネットで販売するとよいのではないか。」と考えてECサイトを構築するようなイメージです。

もともと、『脱構築』(『デ』が否定の意味で、『コンストラクション』が構築だから、そのままですね)と表記される哲学用語だったものが転じて経営用語となった例です。

(このような言葉を使わなくても、無意識に実践している企業が多そうですね。)
 
組織論
2015年9月25日

持ち株会 | 会社にとっては非常に利点の多い制度です

持株会
持ち株会とは、福利厚生制度の一環として従業員が自社の株式を持つことを奨励する制度のことを言います。(参考:従業員持ち株会

会社が利息を付けるという社内預金の代わりに、購入価格の数%の援助を会社が行い、従業員に株式を持たせるといったイメージです。
  • 会社のメリット
さて、このような制度ですが、会社にとってはとても大きなメリットがあります。

というのは、従業員さんは、「自社の株式を持っているため、一生懸命働いて業績をアップさせる→株価の上昇→自分の持っている財産が増える」といった事が期待できるため、従業員のモチベーションが上がるのです。

また、安定株主対策にもなります。というのは、従業員持ち株会が株式を持っていたとしても、経営に口を出してくるとは考えにくいです。さらに、企業買収を仕掛けられたような際にも、従業員持ち株会がある程度の株式を持っていれば、それだけ企業の買収は困難となります。

斜に構えた言い方をすれば、従業員持ち株会は、会社にとって都合の良い株主なのですね。

さらに、株価の維持にも役立ちます。というのは、常に一定の(通常は積立形式で運用されるため)株式に対する需要が発生します。つまり、買い圧力が常にかかるという事ですから、株価の上昇要因となりうるのです。
  • 従業員のメリット
さて、このような会社にとって大きなメリットがある制度ですが、従業員にも、一定のメリットがあります。

というのは、購入金額の一部が会社から援助されるので、自分で自社株を購入するよりも、割の良い貯蓄先となりうるという事です。

また、ドルコスト平均法といった効果も発揮されるため、株価が高いときは少なく、株価が安いときには沢山の株式を購入することができます。このことから、長期的には、一株当たりの購入単価を割安に抑えることができるのです。
  • ただし、従業員にとってはリスク大です。
とはいえ、「タマゴを一つの加護に盛るな」といった格言があるように、自分の生活の糧も、財産も、職場に集中して投下するという事は、リスクが大きいように考えられます。
 
例えば、自社の業績が悪くなってしまうと、せっかくためてきた自社株の価値は当然下がりますし、お給料も下がります。最悪の場合、自社株の価値もなくなり、自分の雇用も守られないといった事も発生します。

そのため、自社株会に参加するにしても、あまり入れ込み過ぎない様に気を付けたほうが良いと思われます。(いよいよ、会社の業績が怪しくなってきた時に、自社株会で株を手放すことができるかどうかも見逃せないリスクです。忠誠心を問われるような同調圧力を強くかけられた際に、客観的に判断できる自信がありますか?)

最終的には価値観の問題ですが、自社株を持ちたいなら、自社株会のような制度ではなく、一攫千金のストックオプションを提供しているような企業で働いた方がうま味があるかもしれません。

時事ニュース解説
2015年9月24日

5日以上に支給という骨抜き要件があるがゆえに、父親の育児休暇への助成金は効果が高いかもしれない

育児

育児休業。子育てにしっかりと参加したいと願っている父親は多いと思いますが、制度はあれどなかなか活用できない仕組ではないでしょうか?『取得率は2.3%である。』と言われている状況では、育児休暇の取得といった選択肢自体が当初から除外されているようにも感じられます。

そのような状況を打開しようと、。厚生労働省が支援制度の拡充に乗り出すとの事です。報道では
厚生労働省は育児のため、いったん仕事を離れる人々の支援制度を大幅に拡充する。

中略

育児休業の制度を使う男性は少なく、配偶者が出産した男性全体の2.3%にとどまる。そこで新制度では助成金で企業の背中を押す。1人目の従業員が育休をとれば30万円、2~5人目は15万円を企業に支払う。6人目以降は助成しない。2015年9月23日 日経新聞
とされており、助成金という金銭的なインセンティブを支給することで育児休暇取得率を向上させていこうと考えているようです。
  • 問題は金銭面か
さて、このような取り組みに水を差すようで非常に心苦しいのですが、金銭的なインセンティブが与えられたからと言っても、この状況は改善しないと考えられます。

というのは、少し古いデータですが、厚生労働省が次のような調査をまとめています。
男性の育児休業取得率は、低調に推移しており目立った増加は見られない。

中略

男性が育児休業を取得できた理由で最も多いのは、「日頃から休暇を取得しやすい職場だっ
たから(22.0%)」。次いで、「職場が育児休業制度を取得しやすい雰囲気だったから(17.6%)」
となっている
「平成25年の育児休業制度等に関する実態把握のための調査研究事業報告書」(厚生労働省)より筆者抜粋
この事は職業人としての実感に近いのではないでしょうか?言い換えれば「育児休業を取りやすそうな雰囲気があれば、育児休業取得も考えられるけれども…」といった『空気』が育児休業取得を左右しているのではという事です。

空気が変わらず、いつまでも育児休業を取っている男性が例外扱いされていると、なかなか育児休業取得に踏み切れないと考えられます。

こういうのを『場の理論』と言います。組織人は組織文化に非常に大きな影響を受けるのです。
  • 空気を変える支援を
同調圧力という言葉をご存知でしょうか?その組織の支配的な『空気』に同調することを明示的、非明示的問わずに求められるといった事です。

そして、職場の空気が「男性が育児休暇を取るって!?」的な反応が予想されるような職場では、いくら制度を整備し、また、「育児休暇は性別に関係なく取得してくださいね」などと言っても、実際に育児休暇の取得率が向上するとは思えません。

(ご自身に当てはめてみてください。育児休暇を取得する事に対して、直接言われないにしても、好奇の目で見られたり、ネガティブな反応がありそうだと予測できる状況で育児休暇の取得に踏み切れるでしょうか?)

そのため、こういった組織文化を持っている組織に対しては、そもそも育児休暇を取得することが正当な権利であり、育児休暇を組織として取得できるような体制作りを行う事が、結果として業績向上へつながるとの認識を持ってもらう事の方が近道かもしれません。

育児休暇を気兼ねなくとれるような組織であれば、従業員の定着率の向上も図れますし、誰かが休暇を取っても、バックアップできるような体制を構築できれば組織全体のパフォーマンスも向上します。
  • 5日以上という絶妙なライン
さて、ここで助成金の支給要件ですが面白い事が言われています。報道では、
対象は過去3年間に男性の育休取得者がいない企業。男性従業員が配偶者の出産から8週間以内に5日以上の育休をとれば助成金を出す。2015年9月23日日経新聞
とされているので、5日以上で助成金が支給されるのです。

正直なところ、子育ての経験上5日の休業で何ができるのかと問われると、「何もできない」といったのが答えですが、(意地悪な見方では、育児休業を取得したといった名目を作りたいがための制度であるようにも感じられます。)気軽に取得できるといった意味ではいいのかもしれません。

労働者の権利だとかを声高に叫んでも、実は組織内でけん制しあい、同調圧力をお互いに掛け合っているような現状では、正論が組織の文化を変えることは難しいと考えられます。

しかし、5日間だけにしても育児休業を取得することが組織にとって有利であるとの認識が広がっていけば、組織文化が変わる可能性もあるのです。
時事ニュース解説
2015年9月18日

トヨタの空飛ぶ車はイノベーションのジレンマに陥らないための未来の技術なのか

空飛ぶ車
空飛ぶ車。未来がやってきたようでワクワクしますよね。報道ではトヨタが
 トヨタ自動車の米子会社が「空飛ぶ自動車」のための特許を出願したことがわかり、現地のメディアなどで話題になっている。「未来のモビリティ(移動)社会をリードする」ことを企業ビジョンに掲げるトヨタだけに、実用化するのかどうか注目が集まっている。2015年9月16日 産経新聞
といった風に、「空飛ぶ自動車」のための特許を出願したとされています。車が空を飛ぶと確かにワクワクしますが、ちょっとした事故が大変な大惨事を招いたりしそうなので、少なくても自宅の前では飛んでほしくないと思います。

さて、今回は技術革新が非連続的であるといった事をこのニュースを題材に見ていきたいと思います。
  • 車のご先祖様
さて、車の進化形について考える前に車のご先祖様についてちょっと考えてみたいと思います。例えば、車のご先祖様が馬車や大八車(人間が曳く車の事です)だったとします。(正確なお話ではなくあくまでイメージとして書いています。)

これらの乗り物をひたすら改良していけば車にたどり着くでしょうかといった事を今回は考えたいのです。
  • 技術開発は淡々とは進まない
例えば、大八車が発明されたばかりの事を考えてみます。大八車が発明されたばかりの段階で、色んな人が改良をしようします。しかし、新しい技術に対する技術開発は、最初のうちは投入する資源の量の割には成果が少ないと言われています。

但し、この技術開発はある程度進んでくると、一気に性能の伸びが加速してきます。そして、技術が成熟してくると、性能の伸びは再び緩やかになります。

この事を図にすると、ちょうど下のようにS字を描くことからS字カーブなどと呼ばれています。そのままですね。(まあ、言うほどS字じゃない気がしますが…)
S字カーブ
  • 本題
さて、話が変わりますが、大八車をひたすら改良して言ったら馬車になり、その後自動車になるでしょうか?

経営学的にはそのようには考えません。例えば、大八車は人間が曳く車なので動力を人間以外のモノにするといった革新が必要となります。

この革新は大八車をどれだけ改良しても生まれてはこないと位置づけるのです。

但し、人が曳くために洗練されていた大八車に比較して、馬が曳く馬車はそれほど洗練されていません。そのため、当初の性能は往々にして革新的製品の方が低かったりします。

この事を表すのが下の図です。
複数S字カーブ
革新的な新技術は往々にして、洗練された旧技術よりも性能が低かったりします。しかし、革新的な新技術ですから改良を重ねて行けば旧技術の性能を追い越す日が来ます。

人間はやはり馬のような力や持久力を持って車を曳くことはできません。そのため、十分に改良された馬車は大八車よりも性能が良くなるのです。

これと同様に、馬車よりも内燃機関を備えた自動車の方が性能が良いのは言うまでもありません。

しかし最初の自動車は蒸気自動車といって動力を得るために巨大なボイラーなどを備えていました。蒸気が発生するまで動き出しませんし、馬車のように小回りも効きませんでした。

このように、技術革新は連続的ではなく非連続に起こるというのが技術革新の非連続性という考え方です。
  • 空飛ぶ自動車は技術革新なのか
さて、このことから空飛ぶ自動車が生まれる可能性について考えてみます。

基本的には、自動車技術をひたすら改良しても、空飛ぶ自動車にはつながらないとは考えられます。おそらく、何らかの技術革新が必要なのでしょう。

このことは「トヨタは空飛ぶ自動車を作らない」といった事を意味しているわけではありません。本当に空飛ぶ自動車が作られる日が来るかもしれないのです。

但し、現在の消費者が空飛ぶ車を求めていないとなると話は別です。

上で見てきたとおり、次世代の技術革新であっても、当初は有効性が低いものとなりがちです。また、既存の顧客もそのような有効性の低いモノをあまり欲しがりません。

そのため、そういった新技術を用いた製品をコストをかけて開発しても回収できないと判断されがちなのです。端的に言うと、作っても売れないのでは?といった風に考えられるのです。(売れる売れないを事前に判断するために市場調査をしているわけですから。)

そのため、この空飛ぶ車が次世代の技術革新であったとしても、参入が遅れてしまい、次世代の大企業に取って代わられる可能性があるのです。

こういった現象をイノベーションのジレンマと言います。

但し、どのような技術が、このような世の中を変えてしまうような革新的技術であるかは誰にもわかりません。そのため、いっけんするとばかばかしい技術に投資するのも、超長期的にみると合理的であったと(後付けで)判断することができるのです。

 
組織論
2015年9月17日

HRM | 人的資源管理と訳される、戦略的に人材を育成しようという考え方

hrm
HRMとはヒューマンリソースマネジメント(human resources management)の頭文字をとった言葉で、日本語訳すると、人的資源管理と訳されます。

ただ、人的資源管理と言いつつも、単なる人事管理ではなく、経営戦略に合致させた形で包括的に人的資源を管理しようとするアプローチとなります。

経営は人モノ金、といった資源を投入し、成果を上手く生み出すことが重要ですが、そのうちの人の管理を『企業戦略』と合致させた形でやりましょうというのがこの言葉のイメージです。

単純に人が不足しているから人事異動で引っ張ってくるとか、なんとなくジョブローテーションの名目で、特に考えなく経理部から人事部、営業部といった風に異動させてみたりする事とは一線を画す考え方です。

自社の将来のビジョンに役立つように、人材を獲得し、配置し、育成し、活用する。新規採用から最終的な退職に至るまでどのように人材を活用すると自社の競争優位の構築につながるのかまで考えていくような感じです。

そして、これらの職能を統括する人をCHO(チーフ・ヒューマンリソース・オフィサー)と呼ぶのです。
時事ニュース解説
2015年9月16日

ドコモの割安プラン導入から考える、最大手企業の経営戦略

携帯
NTTドコモが通話定額プランの割安版の導入を検討しているとの報道がありました。報道では
 NTTドコモが、通話定額プラン「カケホーダイ」の割安版を近く導入する検討に着手したことが14日、分かった。米アップルのスマートフォン「iPhone(アイフォーン)6s」と「6sプラス」の発売を控え、すでにKDDIとソフトバンクは月額1000円安い新プランを開始すると発表している。新機種商戦が料金引き下げの呼び水となった形だ。2015年9月15日SankeiBiz
とされており、料金引き下げについて検討されているようです。

今回は、業界のリーダーであるNTTドコモが実施する価格引き下げを題材に業界リーダーが採るべき戦略の定石について考えてみたいと思います。
  • リーダーのみが採れる戦略がある
さて、市場のリーダー的企業といったモノがあります。基本的には市場シェアの最も高い企業がそのリーダーに該当するのですが、携帯電話業界ではNTTドコモが該当します。

そして、このリーダー的企業はいわゆる横綱相撲と言った、競合他社とは一線を画した戦略を採用することができますし、また、そうすべきであると言われています。

ビジネスの常識からするとちょっと意外に思われるかもしれませんが、これらの戦略はいわゆるセオリーなのです。
  • 差別化?むしろ逆です
さて、経営学をかじった人は「差別化差別化」と呪文のように言われる事を耳にしたことがあると思います。これは一般的には正しい戦略で、「大手企業と同じものを売っていたら勝負にならない」といった事実から生み出された戦略なのです。

しかし、逆に言うと、リーダー的企業にとっては差別化ではなく『同質化』するのが最適解となります。

例えば、食パン業界で考えてみます。競合がユニークなパンを発売して市場シェアを奪いに来た場合、最大手の企業はどのような対応をすべきでしょうか?答えは、似たような製品を市場に投入するといった事になります。

意外ですよね?でも、最大手の企業にとっては極めて合理的な戦略なのです。というのは、最大手企業は競合と比較して、販路であったり、製造ノウハウであったり、資金力であったりといった、経営資源に優位性を持っています。

そのため、同じモノを作るのならば、より低コストで、より広い範囲に届けることができるのです。このため、最大手の企業はあえて危ない橋を渡らない。保守的な戦略を採ることが多いのです。
  • 市場シェア?100%は目指しませんよ
また、市場シェアの拡大が非常に有効な方策であるように語られる事が多いのですが、最大手企業にとっては市場シェアの最大化は志向しません。

というのは、市場シェアと一言で言っても、『美味しくない』お客様も混ざった概念です。例えば、市場シェアを最大化しようとして、販路網を構築する場合であっても、ある程度以上の市場シェアを求める場合には、人口が少なくてあまり採算が良くないような場所にまで出店していく必要が出てきます。

また、良く知られたパレートの法則のように、利益の8割は上位2割の顧客によってもたらされるといった経験則があります。そのため、市場シェアを必要以上に拡大させようとすると、努力の割に成果が少なくなってしまうといった結果をもたらしがちです。こういった事には、収穫逓減の法則が働くのですね。
  • 携帯電話利用者が増えれば自社の利益です
さて、最大シェアを持っている最大手企業は最大の経営資源を持っています。そのため、通常では、市場自体の拡大は最大手企業の量的拡大を意味します。(例えば市場規模が100億円で市場シェア5割を握っている企業があったとき、市場規模が200億となっても、基本的には市場シェア5割を握っている企業の市場シェアはそのままです。そのため、単純に売上高が増大します。)

そのため、携帯電話市場の拡大はそのまま自社の利益となります。だから、競合他社も、市場拡大を図るための同士であると捉えることができるのです。
  • 価格競争はダメ、絶対。
と、ここまで直観とは異なる『市場リーダーの戦略』を見てきましたが、価格競争は決してリーダーから仕掛けてはならないといったセオリーもあります。

最大手企業が価格競争に打って出ると、その市場自体が価格競争の激しい市場となってしまう為、誰も適正な利潤を得ることができなくなってしまいます。(だから、かつてマクドナルド社が100円を切るようなハンバーガーを販売したのは悪手であると言われているのです。)

そのため、基本的にはNTTドコモから価格競争はしないと考えられます。(それがセオリーですからね。)

報道では
KDDIとソフトバンクは、新プランをアイフォーン新機種の予約開始直前の11日に発表した。いずれも無料通話時間は1回につき5分間まで(5分以降は30秒20円)だが、毎月の料金を1700円に抑えた。かねて割高感が指摘される定額プランの選択肢を広げることで、既存加入者の囲い込みを図る。危機感を抱いたドコモは、同様のプラン導入を検討。2015年9月15日SankeiBiz
とあるように、競争相手が価格競争を仕掛けてきたため、それに対する対抗策を採ったという風に言われています。

携帯電話業界は既存顧客の囲い込みという鉄則を軽視しているようですが、それ以外はセオリー通りで動いているのですね。参考:ドコモのMNPの割引き上限回数設定から考える、既存顧客を大切にするという商売のセオリー

と、競争地位による経営戦略のセオリーを取り上げました。上で解説したのはリーダーの戦略定石です。しかし、リーダー以外には、徹底した価格競争を仕掛けるといった戦略が有効に機能します。

我々消費者としては、最大手企業の戦略に付き合う筋合いはありませんので、下のような低価格の通信事業者の活用も視野に入れて良いと思います。

データ使い放題★スマモバ


スポンサードリンク
サイト紹介
まんがで気軽に経営用語を学んじゃおう。難しい・なじみのない経営用語でも、まんがなら簡単に親しめます。
まんがで気軽に経営用語について
協力者募集について
弊サイトキャラクターおよびイラスト募集について
TOP絵一覧
索引
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
英字 A B C D E
F G H I J
K L M N O
P Q R S T
U V W X Y
Z
数字 1 2 3 4 5
6 7 8 9 0
おススメのサイト
ランキング参加中です
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へWCRランキングへ
badge
リンクについて
本サイトはリンクフリーです。リンクいただきましても特にご連絡は不要です。
もしバナーが必要でしたらこちらをご利用いただければ幸いでございます。

header
電子書籍を出してみました
  • ライブドアブログ
project
スマートフォンから経営まんがに
アクセスできます。

◆アンドロイド
マンガで納得 経営知識

◆iPhone
マンガで納得 経営学
マンガで学ぶMBA用語

マルチメディア
◆経営マンガの動画
youtube
ニコニコ動画

◆経営マンガのポッドキャスト
ポッドキャストで気軽に経営用語 ◆経営マンガのツイッター小説
経営マンガのツイッター小説